カテゴリ: 山岳看護師

6月29日 土曜日。
今朝の白馬は曇り空
IMG_2544
だけど何とか稜線が見えています。

今日はトレーニング最終日。
軽く朝ごはんを食べ、待ち合わせの前に「大出の吊橋」までチョットお散歩
1時間くらいしかなかったので、早足で
なので、15分チョィで到着。
IMG_2546

IMG_2549
土曜日とはいえ、お天気も悪いし誰もいませんでした

急いでホテルに戻り、律子さんと合流し、大町の山岳総合センターへと向かいました。
IMG_2554
到着して支点構築する律子さん。
準備が整ったら、登攀開始。

下でロアーダウンと懸垂下降の練習をして、
一番上は無理なので、中間のテラスを目指します。
でも途中、キレイに凸のない所があって、そこをクリアするのに四苦八苦
IMG_2600
どうにかこうにかテラスまで後ひと登りという所まで行くも行き詰まり、アドバイスをもらいながら、ようやくテラスに上がる事が出来ました

そして問題は下降。
やはりロワーダウンは怖くて、懸垂下降で降りるコトに。
最初の体勢を整える所が出来れば、あとは
IMG_2604
(上2枚Photo by:律子さん)
検定に必要な技術を一通りやり終わると、雨が降り始めました。

最後に一本登るコトになったのですが、雨で濡れて滑る
テラスはツルツルで泣きそうでした。

でも一度も出来ないまま終わるのは悔しいし、今回出来なかったら次も出来ないままになってしまいそうだったので、ロワーダウンでの下降にチャレンジ
律子さんからのアドバイスもあり、無事に地面に戻る事が出来ました。

片付けをして、大町でお昼ごはん
FullSizeRender
そして白馬に向かい、カフェでスィーツを堪能しました
IMG_2558
バスの時間となり、八方バスターミナルまで送っていただき、今回のトレーニング山行は終了となりました。

懸垂下降は昨年のトレーニングで教えていただいていたものの、実際に人工壁を降りたりするのは初めてだったし、岩登りなどもやった事がなく、岩にへばり着いてホントに何も出来ない状態から、最後は何とか降りられるまでにご指導下さった律子さん。
本当にありがとうございました。

ホントに怖くて「もう無理!」と諦めたくなった時もありましたが、最後までやり通せたのは律子さんの適切なご指導があったからです。

7月下旬から、またしばらく山に行けなくなってしまいますが、その時できる事をやっておきますので、また次回よろしくお願い致します。
IMG_2561



6月28日 金曜日。
白馬は早朝土砂降り
窓からの景色も、ぶ厚い雲が居座ってます
IMG_2523
とりあえず朝ごはんを食べて、ガイドさんと待ち合わせ。
FullSizeRender
今日のトレーニングはお隣、大町にある山岳センターの人工壁。
岩場も初だけど、人工壁もこれまた人生初。

ビレイの練習をした後、支点作りのため、頼りない私のビレイで律子さんが壁を登ります。

そして「さぁ登ってみよう〜」と笑顔で見送られへばり着くも、岩場の様に足を置きたい所に置き場がなく、掴む所もない

どこに行けばいいの〜 

どうにか登ったものの、着いた先は平らでこれまた掴む所がないので、腕力(ないけど)でよじ登ります。
IMG_2532
ホッとしたのも束の間
今度は降りなきゃいけない
でも、どうやって最初の一歩を降りよう…。

しばらくフリーズ。

律子さんに言われた通りの場所に足を置いて、どうにかこうにか地面まで戻る事が出来ました

その後は地面に近い所から懸垂下降の練習をして、支点構築をやってお昼ごはんの為に一時中断。
IMG_2535
FullSizeRender

デッカいハンバーガーを食べ、再び山岳センターで1/3引き上げシステムなど練習をして、白馬に戻りました。
IMG_2533


途中、私が行きたいと騒いだジェラート屋「花彩(はないろ)」さんに連れて行っていただき、ジェラート(ミルク&カボチャ)を満喫
IMG_2538

IMG_2537
ホテルまで送っていただき、夜は「庄屋丸八」さんで夕ごはん。
IMG_2540
以前は突っ込みどころ満載な感じだったみたいですが、改善されてた様です(笑)

そしてホテルに戻り、ブログを書いていたら途中で寝てしまい、気付いたら記事が消えてました
なので書き直しました(笑)

いよいよ明日は最終日です。
お天気もつかなぁ…

6月27日 木曜日。
朝は快晴だった東京を離れ、トレーニング山行の為に今日から2泊3日で白馬に来ています。
IMG_2522
1日目の今日は、長野駅から程近い「物見岩」で人生初の岩場の練習。
トップロープでまずは岩を登り、また降りてくる。
そして、ビレイヤーの人に少しずつロープを出してもらいながら降りるロアーダウンには大苦戦

高所恐怖症だから、登る前から心臓止まりそうなくらい緊張しました

幸い、長野県警の山岳救助隊と消防の方が合同で、総勢40名も訓練されていたので、何かあってもすぐに救助してもらえる(笑)?
IMG_2515
そんな冗談を言いながら、軽くお昼を摂った後は、下降器の使い方や懸垂下降、プルージックでの登下降方法を、とりあえず岩場上部にある平地で

心配していたお天気も、何とか午後まではもってくれました。

下山?して白馬に向かい、行ってみたかったケーキ屋さん「Sweet Shot」さんでティータイム
IMG_2517
その後宿泊先のホテルに入り、一旦解散したあと、夕ごはんを食べに「来夢来人」さんへ。

いつも八方池でゴハン済ませちゃうから、行きたくても行けなかったんだよね〜
行けて良かった

さて… 明日はお天気が良ければ唐松岳の予定だったけど、台風と前線の影響で雨予報だから、トレーニング地はどこになるかなぁ…。


2月10日 日曜日。

山行2日目は、6月に登った袴岳でのトレーニング。
前回は赤池からのスタートでしたが、冬季は雪で入れないという事で、少し手前から入山です。

今回もスノーシューで歩いたのですが、どうしても右足だけが右側に滑って流れ埋まってしまう
その状態から抜け出すのにかなりの体力を消耗してしまい、早い段階でヘトヘトに

積雪断面観察やピットチェックに適した場所を菅野さんが探して下さって、横1.5m、奥行き1m、高さ1.2mの大きさにこれまた雪掘りから開始。
前日の雪洞掘りで、腕と腰が

断面の凸凹をキレイに整えると、雪質の違いが一目でわかります。
硬度を確認したり、結晶を見たりetc…。
IMG_1605
ホントは写真撮りたかったのですが、結構な風と寒さに余裕がなく撮ってないので、とりあえずイメージ写真を…
IMG_1606
FullSizeRender
更に、30cm四方の雪柱を切り出し、ペチペチパシパシバシバシ叩いて、崩れたり亀裂が入ったりしないかをチェック。

今回は意外としっかりした雪層でした。

そして掘った場所を埋めて元通りにして下山開始。

袴岳で唯一、自分で撮った一枚⬇︎
IMG_1586
立派なエビの尻尾。

寒かったけど、実際に雪の層を見たり触ったり、歩いている途中で雪崩地形を教えていただいたり、机上だけではわからない事を学べた一日でした

下山後は温泉で温まり、ゴハン食べにGO
これまでにも温泉には行っているけど、この日ほど温泉のありがたみ?良さ?を感じたコトはなかった(笑)
FullSizeRender
そして、2年前に放送された菅野さん出演の「にっぽん百名山〜妙高山〜」の再放送を見ながら、当時の裏話が聞けると言う、ラッキーもあったのでした

最終日へ続く



2月9日 土曜日。
大雪大雪と騒ぐだけ騒いで、結局また降る降る詐欺になった東京

世間は今日から3連休。
一足先に連休を取って、雪山トレーニング山行に行って来ました。
IMG_1593
6月に続き、今回もお世話になる事になった登山ガイドの菅野さんと8:30 、上越妙高駅で待合わせ

そのまま初日のトレーニング地である、坪岳に向かいました。
目的地である坪岳までは、雪が深いのでスノーシューで行きます。
スノーシューは初めてなので、履き方からレクチャーしていただき、スタート。

今回も地図を見ながらです。

険しい道のりではなかったので、バテる前に何とか到着。
IMG_1594

IMG_1576
この日はお天気も良く、周りの山もバッチリ

初日は雪洞作りだったので、菅野さんが場所を選定している間、私は景色を堪能 (笑)

場所が決まったら、作り方の説明を聞いて穴堀開始です。
IMG_1577
まずは入口を掘ってから奥へ。
IMG_1585
交代で掘ります。
(Photo by:菅野さん)

IMG_1578
チョット木が出てますが、一人は寝られる広さの雪洞が完成です。
IMG_1595
今回は作っただけだけど、次回は泊まりたいなぁ…。

この後雪洞は埋めて、帰りはコンパスで進行方向を割り出しながら、私が先頭で(というか、いつのまにか先頭になっていた)駐車場へ。

ホントに合ってるのかなぁ…ドキドキ。。。

徐々にスキー場の音楽が聞こえてきて、ホッと一安心
無事にゴール出来ました

帰って温泉入ってゴハン食べに行って…。
そして⬇︎
IMG_1596
誕生日を祝って下さいました
まさかのケーキ登場に、泣きそうに。

スノーシューと穴堀で疲れたけど、楽しい一日でした


2日目に続く。。。

↑このページのトップヘ