カテゴリ: 白馬

8月25日 土曜日。
8月最後の週末。
軽井沢は一応朝から青空になりました

今日は白馬まで、少し遠出して来ました。
いつもの様に、電車とバスで行こうと思っていたら、父親が行くと言うので、車で行くコトになりました。

今回のメインの目的は五竜にある「白馬五竜高山植物園」。
FullSizeRender

「とおみ駅」がゴンドラ乗り場。
テレキャビンと言うゴンドラを利用して、標高1515mまで一気に上がります。
IMG_9452
終点のアルプス平駅を降りると目の前には300種以上の高山植物が広がります。
と同時に、北アルプスの山々が見えるハズなのですが、生憎の雨で真っ白
IMG_9429
(本来なら、⬇︎の様な景色が見えます。写真お借りしました)
IMG_9463
ついでに、最盛期を過ぎている為、園内は葉っぱのみか、もしくは咲いていても残念なお花ばかり

シーズン中なら青く綺麗な「青いケシ」の花も
IMG_9427
更に「シラネアオイ」もお辞儀しちゃってます
IMG_9426
唯一、そこそこに咲いていたのは、高山植物の女王と言われるコマクサとマツムシソウ。
IMG_9441
IMG_9432
IMG_9447
まぁ、またシーズン中に来てみようと思います。

ココは植物園だけでなく、日本百名山の五竜岳への入口にもなっている為、アルプス平から「アルプス展望リフト」を乗り継いで、小遠見山までトレッキングも出来ます。
(小遠見山より先は、登山装備が必要です)

今は植物園内でも歩くのがキツイから、治ったらトレッキングにも行ってみよっかな
IMG_9448
降りる前には、「あるぷす360」で長門牧場のソフトクリームを
(お世話になっている登山ガイドの律子さんもおススメ)


その後、お昼ごはんを食べてから「大出の吊橋」に立ち寄って軽井沢へ戻って来ました。
IMG_9455
今回はホントにお天気悪すぎ〜

6月8日 金曜日。
昨日から軽井沢に来ています。

今朝の浅間山は噴煙が上がってませんでした。
FullSizeRender
さて今日は朝5時起きで、白馬まで遠征。
白馬に行く時は、ほとんど6時半の始発電車です。

下界は晴れているのに、稜線は雲被っていて見えません。
とりあえず八方池山荘まで上がり、歩き始めました。
何気に暑い

かなり雪は溶けているけど、木道の方はまだ残雪が多く通行出来ない為、登山道を登ります。IMG_8792
(八方池近くの残雪)
IMG_8794
そして八方池もまだまだ雪に埋もれていました。
今回は八方池を通過して、唐松岳に向かいます。
…が、しかし
IMG_8805
残雪のトラバース
結構な傾斜があり、今の自分には技術的にも膝の状態からしても厳しいなぁと躊躇していたら、斜面上から雪の塊と小石がコロコロコロコロ

こんな場所を渡ってる最中に、雪崩や落石に遭ったらたまらん
怖いからやーめた…と、そそくさと退散したのでした(笑)
他の場所でも目の前で落石してたし

安全な場所に移動して、1時間半ボケ〜っ。
IMG_8860
稜線の雲が取れそうで取れない
IMG_8847
そこそこの時間になってきたので、そろそろ下山するコトに。
IMG_8833
白い所が八方池です。
IMG_8827

行きはスルーした八方池にも、一応、立ち寄りました
IMG_8831
サンショウウオ見っけ。

下山開始直後、県警のヘリが飛んで来ました。
まさかまた…と思っていたら、唐松岳方面でしばらく旋回
更にその後、救助隊と思われる、どう見ても素人ではない男性10人近くの集団が登って来て。
リフト乗り場の係の方に聞いたら、やはり遭難があったそうです。
FullSizeRender
今回は現場にはいなかったけど、続け見てる気がする

ヘリに見とれてると、コッチが滑り落ちてケガしそうなのでゆっくり下山し、無事、下界に到着。

雲行きが怪しかったのですが、バスに乗ってからザーッ
もちろんレインウェアは持っているけど、上で降られなくて良かった〜

次はいつ八方尾根歩けるかなぁ…。

5月4日 金曜日。
GW(後半)真っ只中。

いろいろあって、ブログの更新が…
そのイロイロはまた別の時にする事にして…。

2日の午後から軽井沢に来ています。

3日は雨だったので、出掛けたのは佐久穂のホームセンターのみ。

そして今日はお天気も回復したので、鬼無里(きなさ)の奥裾花自然園に行って来ました。
浅間サンラインを走っていると、八ヶ岳方面が面白いことに
FullSizeRender
雨なのか?雪なのか?単なるガスなのか?
標高の高い所は雪が降ったみたいですけどね。

一般道をひた走り、12時過ぎに到着。
観光センター前からはシャトルバスか自力で歩いて自然園まで行きます。
IMG_8256
園内は午前中の大雨と雪で、足元グチャグチャ
所々、雪渓の様に雪が残っている所も。
IMG_8279
入ってすぐの今池湿原からは、戸隠連峰がその雄姿を見せてくれます。
IMG_8262
いつ見ても戸隠はカッコいい

そして今回の目的だった水芭蕉も咲いていました。
IMG_8272
あまり花に見とれていると、滑って泥だらけになるので要注意ですが…
IMG_8278

IMG_8275
今池湿原を一周して、時間は13時半前。
奥は回らず戻ることにしました。
帰りはシャトルバスを使わずに歩いて駐車場まで戻りました。

そして、鬼無里まで来たなら、このまま白馬へ行ってしまえと、国道406号線を白馬へと走り、大出の吊橋でボッー。

白馬三山の稜線はスッポリ雲の中だったけど、やっぱりこの景色は落ち着きます。
いつまでも見てられる。
FullSizeRender
ここでも見つけました、水芭蕉
だけど超巨大
IMG_8309
環境が良過ぎて成長しすぎちゃったのかな?(笑)

この時既に16時。この後軽井沢に帰って来ました。
今年はもう八方尾根には行けなくなりそうだから、来月、八方尾根行けるとイイなぁ。

3月24日 土曜日。
今朝は早朝5時起きで、しなの鉄道の始発に乗車
家を出るのが少し遅くなって焦ったけど、最寄駅にはか〜なり早く着いちゃいました

予定通りの電車に乗って長野駅、今度はバスに乗り換えて、白馬を目指します。

スキーシーズン中以外、長野駅から白馬に向かうバスは一番早くて8時20分発。
白馬八方バスターミナル到着は9時35分頃。

ゴンドラ乗り場で登山届の提出を確認され、‌ならそのままGo
夏と同じくゴンドラとリフトを乗り継いで八方池山荘まで上がります。
アイゼン・ストックを準備してスタートです。
FullSizeRender
山荘脇、初っ端から結構な急登。
ゆっくり、膝の状態を確認しながら、15分後に石神井(八方山)ケルン通過。
IMG_7800
そして気付けば白馬三山や、五竜岳・鹿島槍ヶ岳が近付いていました。
IMG_7822
IMG_7801
カッコ良いなぁ〜
いつか歩きたい。

そして1時間程で八方池に到着。
IMG_7825
だけど冬季は池はありません(笑)

そしてこの先はまだ行ったことのない未踏の領域。
途中まで行ってみたものの、この一週間の体調の事や、北八ヶ岳程ではないにしろ、ソコソコ風が強く吹いてたり、今の自分の実力で、指導者無しでその先の急な雪の登山道を歩く自信はなく、下山しました。
IMG_7841
トレースはしっかりとあったので、迷子にはならなさそうですけどね

その後、白馬大橋経由で大出まで行ったんだけど、脚と体力の限界で吊橋には行かず、大出地区の途中で白馬三山の写真だけ撮って、白馬駅からタクシーで八方バスターミナルまで戻ったのでした

2Kmくらいの距離で私がタクシー使う事自体が珍しいんだけど、今回は…
まぁ、そんな時に行くな‌って話なんですけど、どうしても今シーズン中にもう一度アイゼン歩行の練習しておきたかったのもあったし、白馬行きたかったんだい
IMG_7848
下山後、バスターミナルで食べた唯一の固形物マフィン。
今週初の固形物でした。

足がジンジンする(笑)


12月30日 土曜日。
一昨日、28日から軽井沢へ来てます。

28日は普通に仕事だったので、終わってから夜出発。
着いた時の室温は−2℃で、外気温とさほど変わらず

昨日29日はノンビリして、夕方にチョット、小諸の富士見城址公園までお散歩。
















左に黒斑山、中央が浅間山で、右手前が剣ヶ峰。

そして今日は年内最後の白馬へ。
8月から毎月行ってたなぁ

朝見た予報では、白馬は曇りになっていたので、もしかしたらまた何も見えないかな?…と思っていたのですが、小諸を走っている時、北アルプスの山々が見えたので、ちょっと期待できるかもと














お昼に到着。












いつ見ても鳥肌立つくらいカッコいい

この後は、大出吊橋でしばし雪遊び





















誰が作ったのか?
三段の雪だるまがありました

雪の深さは膝上あたりまであったけど、他の人が歩いた跡を辿ったので、歩くのには問題なし。
でも…





















なぜ真ん中は踏んでいない⁈

着いた時は雲や、強風で舞っているのであろう雪で山頂も見えなかったけど、しばらく待ってみたら、薄っすら見えるくらいにはなりました。












思ってた程寒くもなく、やはりずっとこの場に居たくなります。












チョットいたずら書きして、大出公園を後にしました

お腹空いたので、何回か行っている「林檎舎」さんでお蕎麦を食べてから軽井沢へ帰りました。
途中、長野市内のモンベルに寄り道して、トレッキングポール買っちゃった












来年は何回、白馬のこの景色を見に来られるかなぁ。

↑このページのトップヘ