カテゴリ: 白馬

11月24日 土曜日。
今朝は5時起き
辺りはまだ真っ暗なので、ヘッドライトを点けて国道まで出ました。

始発のしなの鉄道に乗り込み、長野駅まで向かいます。
そしていつもの如く、バスで白馬へ。

だけど空を見ると、厚い雲に覆われている
お願いだから晴れて〜

1時間程経つと、北アルプスの山々が見えてきます。
IMG_0547
バスの窓ガラス越しだからイマイチな感じだけど、稜線に雲はなく、抜ける様な青空
これなら絶景が見られるコト間違いなし

って事で、今回は白馬駅で下車し、最初に「大出の吊橋」に向かいました。
着くと、昨日とは違って駐車場には多くの車が。
お天気イイもんね〜
FullSizeRender
ココ最近、白馬に行った中で一番の景色。
って言うか、コレだけ稜線まで見えた事ってあったっけかな??

次に行く所があったので、10時前に移動開始。

次に向かったのは、いつもお世話になっているガイドの(髙木)律子さんから教えていただいた、白馬ハイランドホテル向かいにあるスキー場跡地。
ゲレンデを上まで登れるのだとか。
IMG_0562
元ゲレンデなので、登り一辺倒。
初っ端からかなり登って行きます。
IMG_0561
途中からの景色。
コレだけでも結構イイ眺めですが、更に登ります。
一度なだらかになって、その後またかなりの傾斜になり、最後に急登を登ると頂上に到着。

周りはススキだらけだけど、一部が展望台の様になっていて、そこからの景色は絶景です
FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_0595

IMG_0590
目の前にドーンと白馬三山

私以外に誰もいなくて、この絶景を独り占め状態
ココでお昼ごはんにすれば良かったなぁ…

軽くトレーニング代わりに登ったんだけど、結構キツかった
でもまぁ、30分チョットで上がれたし、膝もなんともないので良かった

足元が濡れた落ち葉に泥だったので、下りは慎重に。 
雪なら滑るって手もあるけど、泥じゃね〜

麓に戻ったら、今度は村役場近くから「木流川散策路」を八方尾根方面に向かって散策
IMG_0599
IMG_0601
IMG_0603
こんな所があったんですね。
教えてもらわなかったら知らなかった。
(ありがとうございま〜す)

この後、お昼ごはんを食べに行きたいお店があったんだけど、疲れたから八方の湯近くのラーメン屋さんにin。
IMG_0612
ピリ辛味噌ラーメン(900円)と餃子(500円)
FullSizeRender
FullSizeRender
帰り際に「試食にどうぞ」とお饅頭をいただきました。
FullSizeRender
今日だけで23000歩超え
よく歩いたもんだ。

家の近くにこんな場所があったら、毎日でもトレーニングに行くのになぁ。。。と思いながら、帰りの電車の中です。

外…真っ暗


10月8日 月曜日。
連休最終日の今日は、ドンヨリ曇り空からのスタート。

起きてからしばらくゴロゴロしていたんだけど、白馬に行きたくて急遽白馬へ

昨日のリベンジで白馬岩岳に行ったら、チケット買うにも、ゴンドラ乗るのも行列
展望デッキの入口にも行列

でも展望デッキは、展望デッキに入るために並んでいた訳ではなく、パンを買う人の行列だったという
IMG_0174
因みにパンは売切れで、16時近くにならないと買えないという状況でした

で、肝心な眺望はと言うと…⬇︎コレ
FullSizeRender
稜線付近の雲さえなければねぇ…。
だけど昨日は見れなかった、白馬大雪渓も見えるし、昨日よりぜんぜんマシ。
FullSizeRender
この展望台以外にも、岩岳には周りを見渡せる場所があり、雲がなければ絶景をみることが出来ます。
FullSizeRender
(新潟:火打山方面)

今度はウィンターシーズンや、ユリの季節に来たいなぁ。

そこそこの時間だったので岩岳を後にして、毎回立寄る「大出の吊橋」に寄って帰りました。
FullSizeRender
ココも雲がなければ…
FullSizeRender

もう少しすると、三段紅葉が見られる様に。
次回来る頃には紅葉は既に終わって、冬の装いになってるんだろうなぁ。
FullSizeRender
(オマケ。雲がチョット神秘的?)

どの季節の白馬も好きだけど

また来月末に…。

10月7日 日曜日。
今朝もイイお天気
FullSizeRender
今日は早起きして、しなの鉄道の始発に乗込み、長野駅へ。
そこからバスに乗換え、白馬にお出かけです

普段はガラガラなのに、満席の車内
急遽、増発便が出たくらい

ほとんどが八方尾根が目的だろうと思っていたけど、やはり7割くらいは八方バスターミナルで下車。一気に車内が空きました

私は…と言いますと。
八方尾根に行こうか、白馬岩岳に行こうか悩み、とりあえず初の岩岳に。
IMG_0055
ココからゴンドラ「ノア」に乗り、約6分程で山頂駅に到着します。
IMG_0054
途中の木々もイイ感じに色付いてました。

ゴンドラを降りて数分で展望台があります。
ここに昨日、新たな展望デッキがオープンしました。
行こうかな…と思ったけど、この⬇︎行列
FullSizeRender
ヤーメタ。

雲がベッタリで、全く稜線が見える気配のない白馬三山
FullSizeRender
諦めて八方尾根に行くコトにしました。

八方尾根も、ゴンドラとリフトで標高1800m付近まで一気に上がっていきます。
リフトを降りて、目の前の八方池山荘さんの脇からスタートです。
FullSizeRender
その前に、お昼ごはん (あ、食べかけじゃないですよ w)

八方尾根の方は、リフトに乗ってる時から霧雨とガス
チョット晴れたと思っても、アッというまに辺り一面真っ白に。
IMG_0063
歩き出して1時間程で八方池に到着。
FullSizeRender
台風の影響で風が強い
こんな時は、いろいろ飛ばされない様に注意です。

結局、八方池も稜線の雲は取れるコトなく、ソコソコ眺めて下山しました。
FullSizeRender
今月3日で、術後3ヶ月。
まだ装具してる状態でよくまぁ歩いたもんです。



今度の診察で装具が取れるかどうか?
そしたらピークハントしなくていいから、どこかまた歩きたいなぁ。

8月25日 土曜日。
8月最後の週末。
軽井沢は一応朝から青空になりました

今日は白馬まで、少し遠出して来ました。
いつもの様に、電車とバスで行こうと思っていたら、父親が行くと言うので、車で行くコトになりました。

今回のメインの目的は五竜にある「白馬五竜高山植物園」。
FullSizeRender

「とおみ駅」がゴンドラ乗り場。
テレキャビンと言うゴンドラを利用して、標高1515mまで一気に上がります。
IMG_9452
終点のアルプス平駅を降りると目の前には300種以上の高山植物が広がります。
と同時に、北アルプスの山々が見えるハズなのですが、生憎の雨で真っ白
IMG_9429
(本来なら、⬇︎の様な景色が見えます。写真お借りしました)
IMG_9463
ついでに、最盛期を過ぎている為、園内は葉っぱのみか、もしくは咲いていても残念なお花ばかり

シーズン中なら青く綺麗な「青いケシ」の花も
IMG_9427
更に「シラネアオイ」もお辞儀しちゃってます
IMG_9426
唯一、そこそこに咲いていたのは、高山植物の女王と言われるコマクサとマツムシソウ。
IMG_9441
IMG_9432
IMG_9447
まぁ、またシーズン中に来てみようと思います。

ココは植物園だけでなく、日本百名山の五竜岳への入口にもなっている為、アルプス平から「アルプス展望リフト」を乗り継いで、小遠見山までトレッキングも出来ます。
(小遠見山より先は、登山装備が必要です)

今は植物園内でも歩くのがキツイから、治ったらトレッキングにも行ってみよっかな
IMG_9448
降りる前には、「あるぷす360」で長門牧場のソフトクリームを
(お世話になっている登山ガイドの律子さんもおススメ)


その後、お昼ごはんを食べてから「大出の吊橋」に立ち寄って軽井沢へ戻って来ました。
IMG_9455
今回はホントにお天気悪すぎ〜

6月8日 金曜日。
昨日から軽井沢に来ています。

今朝の浅間山は噴煙が上がってませんでした。
FullSizeRender
さて今日は朝5時起きで、白馬まで遠征。
白馬に行く時は、ほとんど6時半の始発電車です。

下界は晴れているのに、稜線は雲被っていて見えません。
とりあえず八方池山荘まで上がり、歩き始めました。
何気に暑い

かなり雪は溶けているけど、木道の方はまだ残雪が多く通行出来ない為、登山道を登ります。IMG_8792
(八方池近くの残雪)
IMG_8794
そして八方池もまだまだ雪に埋もれていました。
今回は八方池を通過して、唐松岳に向かいます。
…が、しかし
IMG_8805
残雪のトラバース
結構な傾斜があり、今の自分には技術的にも膝の状態からしても厳しいなぁと躊躇していたら、斜面上から雪の塊と小石がコロコロコロコロ

こんな場所を渡ってる最中に、雪崩や落石に遭ったらたまらん
怖いからやーめた…と、そそくさと退散したのでした(笑)
他の場所でも目の前で落石してたし

安全な場所に移動して、1時間半ボケ〜っ。
IMG_8860
稜線の雲が取れそうで取れない
IMG_8847
そこそこの時間になってきたので、そろそろ下山するコトに。
IMG_8833
白い所が八方池です。
IMG_8827

行きはスルーした八方池にも、一応、立ち寄りました
IMG_8831
サンショウウオ見っけ。

下山開始直後、県警のヘリが飛んで来ました。
まさかまた…と思っていたら、唐松岳方面でしばらく旋回
更にその後、救助隊と思われる、どう見ても素人ではない男性10人近くの集団が登って来て。
リフト乗り場の係の方に聞いたら、やはり遭難があったそうです。
FullSizeRender
今回は現場にはいなかったけど、続け見てる気がする

ヘリに見とれてると、コッチが滑り落ちてケガしそうなのでゆっくり下山し、無事、下界に到着。

雲行きが怪しかったのですが、バスに乗ってからザーッ
もちろんレインウェアは持っているけど、上で降られなくて良かった〜

次はいつ八方尾根歩けるかなぁ…。

↑このページのトップヘ