カテゴリ: 山関係

6月16日 日曜日。
昨日から1泊2日で、霧ヶ峰(車山&鷲ヶ峰)へ行って来ました。

クラツー さんの「ヒュッテみさやま」貸切企画です。
ツアー登山にはあまり参加しない私が参加した理由…ガイドが律子さんだったから

参加する事は伝えず、コッソリ参加しようと思っていたのですが、名簿でバレていました💦
(次は偽名で申し込もう)

この週末は大荒れの予報が出ており、ツアーが中止にになるんじゃないかと、内心ハラハラしていましたが、1日目の鷲ヶ峰と2日目の車山の行程を入れ替えての開催となりました。

茅野駅でガイドの律子さんが合流し、バスでころぼっくるヒュッテのある、車山肩へ。
そこから車山山頂を目指します。

だけど外は霧&時々雨
レインウェア着用でのスタート。
周りの景色がわからないまま、いきなり山頂に着きました。
IMG_2403
ツアーを代表して律子さんがお賽銭を入れた直後、雲に切間が出来て周辺の山の輪郭が。
IMG_2411
わずかな時間でしたが、真っ白よりは…ネ
この後、コースをショートカットして、車山湿原を抜けて、宿泊先の「ヒュッテみさやま
」さんへ。
IMG_2421
とても趣のある、落ち着いたお宿です。
お部屋は和室と洋室があり、部屋割りはくじ引き(笑)私は洋室でした。
IMG_2422
このお部屋にはロフトもあって、私がロフトになったのですが、ハシゴは垂直だし足裏は痛いし…
広くて快適だったけど、それだけが…。
IMG_2459
しばらく荷物整理などでノンビリした後は、TDさんからのリクエストで、律子さんの「正しいバックパック背負い方講座」。
そして夕食へ。
FullSizeRender
お野菜もボリュームもたっぷり
美味しい夕ごはんでした。

消灯が22時だったので、それまでは参加者同士で雑談タイム。
そのあと寝るには寝たけど、1時間程で目が覚めてしまい、ものすごい豪雨の音で眠れなくなり、寝たのは3時頃になってしまったのでした

(2日目に続く)

6月9日 日曜日。
ついこの前まで30℃超えて暑かったのに、一気に10℃近く気温が下がって寒い〜

山行くなら涼しい方がイイんだけどね〜

とは言え、GWに残雪の八方尾根を歩いて以来、山を歩くどころか、山を見てないコトに気付いて、ちょっとビックリ

イイ加減、山に行きたいけど、オペの影響でまだしばらくは叶わなさそうです


今日は術後初めて、リハビリや近所の買い物以外に外出しました。
行ったのは四谷。
IMG_2376
日本山岳会の遭難対策委員会が主催で、長野・山梨・静岡の各県警の第一線で活躍されている山岳救助隊の方を招いての「山岳遭難防止セミナー」でした

前半は各山岳救助隊の活動現場状況報告。
遭難と一言で言っても、各県で特徴がある事がわかります。
人気の北アルプスや八ヶ岳を抱える長野では、やはり滑落・転落。
逆に南アルプスはあるけど、低山も多い山梨は道迷いもトップ3に入っていました。
FullSizeRender
低山で道迷いが多い理由は ⬆️
(おばさんの頭はムシして下さい)

また、遭難の多い年代は60〜70代。
これは3県とも同じ結果。

他にも実際の救助活動現場の映像もあり、救助現場がどれだけ過酷なのかも知ることが出来ました。

後半は、始まる前に記入したアンケート(救助隊への質問等)を元にトークセッション。
IMG_2381
私は、明日の遭対委で恐らく話し合うであろう議題に関連した内容の質問を書いたのですが、常駐隊やパトロールを行なっている長野・静岡の隊長さんから回答していただけました。

質問の中には、「救助隊になった理由は?」と言うお決まりの質問から、「プライベートで登山をするか?」等も。
「夏場は行く暇がない。」「自分が救助されるコトになったらマズイからなぁ(笑)」など、会場から笑いが起こる回答もありました。
FullSizeRender
救助隊の方の生の話を直接聞ける機会は少ないないので、為になりました。

登山前の準備、自分の体力・レベルに見合った登山、遭難しない為に大切なコトの一部。
私も上のレベルの山に行ける様に、体力作りと技術の獲得頑張ろっ

4月21日 日曜日。
今日も朝から快晴

のんびりゴロゴロして…と言う訳にはいかず、遭対委員会の委員研修で青梅へ

お天気がイイので、登山者・ハイカーで電車内は大混雑
「コッチの車両に乗ってる人は、ほとんど御嶽山に行くんだろうなぁ」なんて思っていたら駅に到着。

山に登らないのに、登る人達より大きなザックを背負っている私って…

15分程歩いて研修場所に到着です。
IMG_2017
まずは、普段の山行で、どの様なファーストエイドキットを持っているか、一人ずつ紹介。
IMG_2015
みんなが持っている定番から、「なるほど!」と思う物まで。

次に止血・固定のやり方や、ペットボトルを使った心臓マッサージの練習等。
IMG_2018
IMG_2021
お昼休憩を挟んで、午後は搬送方法や状況設定のシュミレーションなどを。
IMG_2032
IMG_2035
結構傾斜があるので、自分が落ちないかドキドキでした

今、この場面では手当の仕方・搬送方法どの方法がベストなのか?
もしくは搬送しない方が良いのか?
現場での判断の難しさを改めて感じました。
IMG_2025
IMG_2026
疲れた頭と身体を、可愛いツツジやモミジの緑が癒してくれました

遭対委主催の「山のファーストエイド」は、6月開催予定です。

4月7日 日曜日。
朝からポカポカで、春らしい陽気の今日。
そんな日はどこかお出かけしたくなりますよね〜

今日は4時起きで、遭難対策委員会の講習会の為、丹沢へ行って来ました。
IMG_1970
登山日和で、多くの人が塔ノ岳など、丹沢山系に向かう中、屋内に向かう私

一応、仕事なのでね…。
とはいえ、まだ専任スタッフになったばかりなので、今回は受講生として参加しつつ、スタッフのお手伝い

「初歩のロープワーク活用法」という事で、午前中は室内で座学と結び方の練習。
IMG_1957
お昼休憩挟んで午後は、屋外での実践でした。
(少し登山気分が味わえた 笑)
IMG_1961
初心者の私にしたら、リーダーレベルの登山歴のある人は、それなりにロープワークも出来るんだろうと思っていたのですが、そうでないコトが意外でした。

私はトレーニング山行でガイドさんから教わっていたので何とか出来ましたが、それはそれで課題が残りました。

講習の最後はツェルト張り。
IMG_1972
IMG_1966
今回やったのは初歩で基本的なコトですが、それだけでもイロイロな事が出来るんですよね〜。
それに、一番大切なのはやはり基本なので、確実に出来る様に、反復練習しておくコトが必要ですね。

講習会の後は、スタッフで飲み会…反省会
いろんな意見が聞けるし、勉強になります。
コミュニケーションも取れるし。

ただ…
当初の予定より帰りが遅くなってしまったら、ほたかが大変なコトになってました
最近は一人ネンネも出来る様になり、仕事に行っている間のお留守番は出来る様になったので大丈夫かなぁと思ったんだけど、長時間のお留守番はまだ無理でした

ケージの中で大鳴き
出して抱っこしても、しばらく泣いてました(笑)
IMG_1953
ゴメンね(^人^)

でもね、明日も仕事終わってから遭対委があるから、また遅くなるんだよね〜
でも飲み会反省会は出ないで帰って来るネ。

やっとほたかの気が済んだみたいなので、寝るコトにします

3月17日 日曜日。
一昨日の金曜日から、40℃超えの熱発でダウンのこの週末
FullSizeRender
これだけ熱が出ても、今回もインフル(エンザ)は陰性。
ホントは土日に山岳看護師の一般座学があったのですが、熱の原因もわからない為、今回は見送る事にして、職場へ受診に行くことに。

以前、同じ様に何の症状もないのに40℃発熱した時、菌血症だった事があったので、採血だけしてもらったら、CRPと言う体内の炎症の強さを示す値がかなり高値
FullSizeRender
まぁ、高熱出ても不思議じゃないか。

今日も早朝までは38℃超えてたんだけど、朝の解熱剤を飲んだらやっと解熱。
金曜日から全く何も食べられてなく、水分も1日で250ml程度を摂取するのがやっとだったので、かなりの脱水に…

若干フラフラするけれど、どうしても小岩に用事があり行くことに。(ホントは座学の後に行く予定だった)
何しに行ったかは、また後日

そして昨日・今日、秋葉原や松本で開催されている「全国 山の日フォーラム」にお立ち寄り。
IMG_1855
様々なブースがあり、キョロキョロしながらほぼ一周し終わった頃… 

見〜つけたぁ〜
昨年2月の北八ヶ岳以来、約一年ぶりにお会い出来ました
IMG_1871
ボカしてありますが、いつもイロイロお世話になっているガイドの律子さん
白馬村のピーアールなのかと思っていたら、イワタニ・プリムスさんのお手伝いだったそうです

お会い出来て嬉しかったです
IMG_1866
冬山座学で雪崩の講義をして下さった角谷ガイドも、シンポジウムの方でいらしてたのですが、さすがにその時間まで会場にいるのは体力的に無理で、帰宅しました。
IMG_1865
その後はお昼寝

明日から3連勤
さてどうなることやら。

↑このページのトップヘ