カテゴリ: 医療・仕事

11月18日 日曜日。
週休1日だと休んだ気がしない

でも先週は充実してたなぁ
土日は冬山座学で神戸。
IMG_0438
講義が終わってそのまま帰って来て、翌日(月)は都岳連 遭難対策委員会の定例会議に初参加。

会議終了後、近くの居酒屋で軽く飲み会
翌日が仕事の時は飲み会とかには参加しないんだけど、今後活動していく上で、コミュニケーションは大切だから
ただ、翌日眠かった〜
今度から委員会翌日は休みにしようかなぁ。

そして木曜日は、国際山岳医の大城先生主催の講習「事例に学ぶ山の医学(冬山編)」を受講
IMG_0456
会場のモンベル御徒町店さん。
IMG_0457
低体温症になった時の対応のポイントや、雪崩で埋没した時の対応のポイント等、医療者でなくてもわかりやすい講習内容でした。
冬山座学と内容がかぶっている所もあり、イイ復習にもなりました

来月(12月)は、15・16日に新潟県かぐらスキー場和田小屋で実践編があるそうです。
IMG_0470


今月で術後4ヶ月。
整形外来の受診日だったので、木曜日の受講前に行って来たのですが、何の進展もなしでした

左足は、イスに座った状態から片足立ち出来るんだけど、右は全く出来ず…。
筋力に左右差があり過ぎて、引き続き、早歩き以上はとなりました

筋力に差があると、バランスが悪くなってケガする可能性があるからねぇ…。
しょうがないとはいえ、体力作りも間に合わない。
次の外来は12月だから、そこでジョギングの許可が出たとしても、1ヶ月じゃどう頑張っても無理〜。

それか、エスケープルート(手段)の多い高尾山にコッソリ通うか
私の場合、地味に筋トレするより、実践の方が早い気がする。

とりあえず今週末、白馬でトレーニングしてこよっ
IMG_5197

10月26日 金曜日。
一昨日のあるコトがきっかけで、ドタバタな職場
ヤレヤレƪ(˘⌣˘)ʃ

今の部署、朝始業から終業まで、一日中PCの画面を見っぱなし
そのせいで、家に帰ってからTVなんかを見てると、字幕がボヤけて見えない
IMG_0247

軽い乱視はあるものの、1.0〜1.5でメガネもコンタクトもいらない私の視力。
このままではヤバイと、ついにブルーライトCutのPC用メガネを購入しました
FullSizeRender
値段はピンキリだったけど、コレは2600円。
約45%のブルーライトをカットしてくれるみたいです。
確かにかけてると楽なんだけど、レンズが少し黄色味を帯びているせいで、外した時周りが白く見えて眩しい

視力が悪くなって、常時メガネやコンタクトが必要になるのも困るから、一昨日あたりから仕事中はかけてるけど、みんなから「どうしたの?」とね

仕事の必需品になりました。


10月17日 水曜日。
最近はスッキリしないお天気が続き、急に涼しく(人によっては寒く)なった東京。

既にインフルエンザで病棟閉鎖する事態になっていました
今年はどんな事になるかわからないので、気を付けて下さいネ。


今月で術後3ヶ月になり、今日受診に行って来ました。
IMG_9342
(写真、使い回し)
術後3ヶ月と言うと、そろそろ装具を外せる時期。

まずは診察前にXP(レントゲン)。

そして靭帯が緩んでないか、痛みや腫れ・傷に問題ないかを確認し、画像見て…。
とりあえず、条件付きで装具を外してと言うことになりました
IMG_0241
とは言え、運動強度は「早歩き」まで

だよね〜  ですよね〜まだ3ヶ月だもんね〜

再建した靭帯は、術後3ヶ月頃に一度虚血性壊死状態になり、強度が一番弱く、切れやすい状態になっています。
そこから徐々に毛細血管や細胞が入り込んで、靭帯としての強度を増していく訳ですが…。

と同時に、動ける様になり、日常生活の強度が上がってくるのもこの時期。
なので今のこの時期に無理すると、再びブチッとやるか、緩んでしまうか…となる訳です
IMG_9155
IMG_9162
この頃が懐かしい(笑)
少しずつ回復してるとはいえ、筋力はまだまだ底辺。
膝の高さくらいのイスから、片足立ち出来るかどうかが指標になるんだけど、話にもなりませんでした

こんなんでよく八方池まで1時間で上がれたもんだ。
私の体の構造、どうなってんだ???

と言う事で、今日からリハビリ(筋トレ)にスクワット2種類が追加になりました。

来月(4ヶ月目)には完全に装具OFF出来るように
筋トレ頑張ろっ

9月20日 木曜日。
最近は雨続きだったり、ゲリラ豪雨だったり…
涼しいからイイけど

今日はリハビリの為に病院へ
当分の間、最低でも週1〜2回は通わないといけないんだけど、何せ職場が今、先輩と私の2人しかいないから、週一休み取るのがやっと

その休みはリハビリの為なので、結局のところ、ほぼ休みナシ 
退院して仕事復帰してからずっと、朝は就業開始時間よりはるかに早く行って、帰りは残業で家に帰るのは20時頃…。そんな状況だから、徐々に疲労が

それがリハビリにも出ていまして
筋トレしててもすぐに疲れちゃって、大きな声では言えないけど、メニューが抜けるか、回数が数回減るか…

一番キツイのは⬇︎コレ
FullSizeRender
階段など、段差を上がるのに必要なトレーニングなんだけど、このボヨンボヨンを、全体重掛けて踏み込む。それを60回
コレをやると、毎回激痛に見舞われ、しばらくフリーズするハメに

それでも必要だから、やらざるを得ないんだけどね〜。

何だかんだ仕事してるのと変わらない気がするなぁ



続きです。

受付開始は8時半。スタートは9時です。

まずは、JPTECの基本の講義が簡単にあり、その後、各グループに分かれて実技に入ります。
(参加者は全員、e learningで事前学習が済んだ状態で参加しています)
FullSizeRender
状況評価・初期評価・全身観察の順に行うのですが、実際にやってみるとアレが抜けコレが抜け…
最後のシナリオステーションでは、順番メチャクチャになり、最終的には初期評価って何見るんだっけ?とゴチャゴチャになり、わからなくなる始末

オマケに、当日になって筆記試験がある事に気付くという…

散々な状態で終了したJPTECでしたが、一応、修了書をいただく事が出来ました
FullSizeRender
このあと懇親会があったのですが、今回は参加を見送り、I先生とホテル近くのトンカツ屋さんで夕食を食べ、ホテルに戻ったのでした。

そして16日。メインの「実践山岳外傷」
こちらは午前中は座学、午後はグループ毎に分かれ、4ブースを順番に回りながらのワークショップと、最後に例題?によるグループディスカッション。

同じ事例でも、各グループ・そして人によって判断が違うので、面白いし難しいトコロだなぁと思いました。

両日ともお菓子と飲み物が用意されていて、休憩時間中は食べ放題
FullSizeRender
前日のJPTECでは、焼き芋もあり大好評でした
FullSizeRender
食べかけではなく、切ってあって最初からこの状態でした(笑)

受講後はそのまま東京に戻って来ました。
膝が何ともなければ、せっかくだからもう1泊して筑波山登っても良かったんだけどなぁ…。

とりあえず講義の受講は終わったので、後は恐怖の事後課題です。
一体どんな内容の課題になってるのか?

早く終わらせてスッキリしたいなぁ。




↑このページのトップヘ