カテゴリ:

1月19日 土曜日。
空気はカラカラだけど、澄んだ青空の今日は、朝4時起き

まぁ起きたその頃は青空どころか、まだ空も辺りも真っ黒…いや真っ暗
そんな時間に起きるのは、ハイ山行く時です

長距離歩くか?標高差を取るか?で悩み、比較的距離もあって高さもある大山に行きました。
ただし、今回は阿夫利神社からではなく、蓑毛から歩く、裏参道ルート。
FullSizeRender
大山フリーパスを買って秦野駅へ。
そこからバスで蓑毛まで。
(このフリーパスAは、バスとケーブルカーも乗車可能です。)

終点でバスを降りると、目の前が登山道入口。
IMG_1452
横断歩道を渡って、目の前の道を入って行きます。(この辺で標高300mくらい)
しばらくすると、ヤビツ峠方面と蓑毛越方面との分岐が。
IMG_1454
IMG_1455
この先から登山道になっています。
初っ端から結構な傾斜

登り始めて1時間くらいで、大山山頂方面と蓑毛越方面の分岐があります。
当初の予定では、蓑毛越経由で登ろうと思っていたのですが、予定変更
大山山頂方面への直登ルートへ

倒木が道を塞いでいたり荒れていて、ホントにイイのか?って感じの急登
えっちらおっちら登り、やっと平坦な場所(蓑毛山山頂)に出たと思ったのも束の間
本日最大と言える傾斜が目の前に立ちはだかります

この急登を登り切った先が、阿夫利神社から上がってくる表参道との合流地点(16丁目)
IMG_1463
数分の休憩を挟んで山頂へ向かいます。

今日は快晴だったので、かなり期待していたのですが、途中の富士見台からはキレイな富士山を見るコトが出来ました。
IMG_1466
絶景に励まされ再び登り始め、27丁目を過ぎると、網網階段が出現。
コレを上がれば山頂です。

3時間48分で大山山頂到着
IMG_1471
6月の時はガスで真っ白だった山頂も、今日は清々しい青空。
IMG_1470
相模湾まで一望。

IMG_1477
山頂からもしっかり富士山が見えてます。
その隣(右手)には、雪を被った南アルプスも。
IMG_1478
アップにしてみました。

ホントは山頂でカレー食べようと思ったのですが、コマ参道のお店でお蕎麦と味噌とうふを食べたかったので我慢して下山開始。

ルートは、6月に熊さんが登山していた見晴台ルート。
段差の大きな階段や岩ばかり
このルートで、CT30分ってウソでしょ
IMG_1482
一応、鎖場があります(笑)
IMG_1484
前回は遭難事故の救助活動で封鎖されてた見晴台。
チョット休んで、先を急ぎます。

IMG_1485
木々の隙間から陽が差し込んでキレイなんですけど、谷側は落ちたらこの世の人ではなくなるであろう斜面。
IMG_1487
写真ではわからないですが、ゾッとするくらいの谷です。

二重滝を通過し、ケーブルカーの阿夫利神社駅に到着。
元気だったら女坂を歩いて降りようと思っていたけれど、力尽きてケーブルカーで下山しました

そして念願の⬇︎味噌とうふと、お店の方オススメの、期間限定しめじそば。
FullSizeRender
IMG_1492
身体が冷え始めていたので、温まりました。

食べた後はバス停に向かってラストスパート。
足がジンジンする

何とかわが家にたどり着いたものの、あっちこっち痛い(笑)

今回は、2月に雪山トレーニング山行を控えているんだけど、今の体力・筋力を知るための山行でした。

術後半年。
まともに登っていなかったのに、よく歩いたもんだ
登山始めて初の累積標高差1000m超え
IMG_1493
今回の登山計画。


今夜はメンテナンスして(既に動く気力がない…)明日はゆっくりします。

2018年12月31日 月曜日。そして大晦日。

あと数時間で2018年が終わろうとしています。
今年最後の朝はドンヨリ曇り空&小雪
IMG_1173

この一年も、イロイロな事があったなぁ…と思いながら、日中、そうじをしていました。

まずは山関連。

2018年2月5日〜7日
登山始めて約3ヶ月半での、本格的な雪山登山。
北八ヶ岳:天狗岳
IMG_2844
(撮影:登山ガイド 髙木 律子さん)

3月24日(土) 
登山ではないけど、初めて一人で歩いた、雪の八方尾根〜八方池。
IMG_2541

4月7日(土)〜8日(日)
登山医学会 認定山岳看護師 夏山座学
IMG_4305

4月11日(水) クラツー ステップアップガールズ
筑波山
IMG_2133
IMG_2138

4月22日(日) クラツー 鎌倉アルプス。
この時のガイドは、律子さんのガイド仲間の佐藤 玲奈さん。天園ハイキングコースで歩き方などの練習でした。
IMG_2126

5月20日(日) クラツー  鎖場・岩場の歩き方。
初めての鎖場。
この時も鎌倉の時と同じく、玲奈さんがガイドでした(だから参加したんだけど)
IMG_5897
IMG_5890

6月2日 (土) 丹沢山系 大山
IMG_5859

6月8日 (金) 八方尾根 トレッキン
IMG_2503

6月17日 (日) 三頭山
IMG_5834
IMG_5839

6月25日(月)〜27日(水) トレーニング山行
上越妙高:袴岳、笹ヶ峰。
この時は諸事情で、ガイドが律子さんから菅野さんにバトンタッチ。
IMG_2221

9月15日(土)〜16日(日)
登山医学会 認定山岳看護師 JPTEC・山岳外傷

10月7日(日) 八方尾根トレッキング
IMG_5203
IMG_5211


11月10日(土)〜11日(日)
登山医学会 認定山岳看護師 冬山座学
IMG_5526

こうやって振り返ってみると、ほぼ毎月どこかをウロウロしていたなぁ

そして今年一番の出来事は、内側半月板の複合損傷と前十字靭帯損傷
IMG_7538
4年前に再建した靭帯が機能していなくて、その結果、半月板複合損傷を引き起こし、再再建手術で51日間入院という…

それ以外にも、4月には職場の配属先が変わったり、結構慌ただしい一年だった様に思います。

来年はどんな年になることやら…


最後に…
今年一年、ブログを見て下さった皆様。
ブログにお立ち寄り下さった皆様。
コメントや、感想のメッセージを下さった皆様。
本当にありがとうございましたm(_ _)m

また来年もよろしくお願い致します。
よいお年をお迎えください。

10月7日 日曜日。
今朝もイイお天気
FullSizeRender
今日は早起きして、しなの鉄道の始発に乗込み、長野駅へ。
そこからバスに乗換え、白馬にお出かけです

普段はガラガラなのに、満席の車内
急遽、増発便が出たくらい

ほとんどが八方尾根が目的だろうと思っていたけど、やはり7割くらいは八方バスターミナルで下車。一気に車内が空きました

私は…と言いますと。
八方尾根に行こうか、白馬岩岳に行こうか悩み、とりあえず初の岩岳に。
IMG_0055
ココからゴンドラ「ノア」に乗り、約6分程で山頂駅に到着します。
IMG_0054
途中の木々もイイ感じに色付いてました。

ゴンドラを降りて数分で展望台があります。
ここに昨日、新たな展望デッキがオープンしました。
行こうかな…と思ったけど、この⬇︎行列
FullSizeRender
ヤーメタ。

雲がベッタリで、全く稜線が見える気配のない白馬三山
FullSizeRender
諦めて八方尾根に行くコトにしました。

八方尾根も、ゴンドラとリフトで標高1800m付近まで一気に上がっていきます。
リフトを降りて、目の前の八方池山荘さんの脇からスタートです。
FullSizeRender
その前に、お昼ごはん (あ、食べかけじゃないですよ w)

八方尾根の方は、リフトに乗ってる時から霧雨とガス
チョット晴れたと思っても、アッというまに辺り一面真っ白に。
IMG_0063
歩き出して1時間程で八方池に到着。
FullSizeRender
台風の影響で風が強い
こんな時は、いろいろ飛ばされない様に注意です。

結局、八方池も稜線の雲は取れるコトなく、ソコソコ眺めて下山しました。
FullSizeRender
今月3日で、術後3ヶ月。
まだ装具してる状態でよくまぁ歩いたもんです。



今度の診察で装具が取れるかどうか?
そしたらピークハントしなくていいから、どこかまた歩きたいなぁ。

「読図・ロープワークトレーニング」の続きです。


十二曲りから登山口に戻って、笹ヶ峰(1545m)に場所を変えて再び読図の練習。
FullSizeRender
が、しかし…こちらも途中から十二曲りに負けず劣らずの急登  いや、十二曲りの方が楽だったかも
しかも、私が苦手な段差も何もない急坂ときたもんだ 
密かに「同じ急登でも火打の方が良かったかも…」と思ったのでした 笑

こっちでも同じ様に地図を見ながら、コンパスを使いながら。

途中で「私が先を歩くより◯◯さんが先に歩いた方が地形とかわかりやすいかも」という菅野さんからの提案で、私が前を歩く事に

ガイドさんの前を歩くなんて、そうそうある事じゃないから緊張以外の何者でもない(笑)
それに、今回は勉強のために細かく確認ポイントを決めながら歩いていたので、私が見落とすとポイントをスルーしてしまうコトに
緊張したけど、そのおかげでより注意深く周りの地形や登山道を見れる様になりました。
IMG_9103
そして山頂で休憩して下山したのでした。

今回、登っていて「苦しい」と感じた時の心拍数や体内の酸素量を知る為に、SpO2モニターを持参して測ってみました。
その結果、測定した時の最大心拍数は149回/分。SpO2:90%でした。
それに対して菅野さんは心拍数:87〜90程度。SpO2は97〜99% 。この違い  さすがです
IMG_9095
IMG_9094
IMG_9093
しんどいとこもあったけど、登山道の脇で、可愛らしい花が出迎えてくれました。

27日最終日は、朝、強い雨が…
幸い、しばらくすると雨は止んで、東京に帰る前にロープワークの練習です。

今回は岩場ではなく、川の流れる公園でロープの結び方、ハーネスの着け方やスリングを使ってのハーネス作り、懸垂下降・1/3システムでの引き上げなどなど。
IMG_9106
コレも地図と同様、実際にやってみないとなかなか理解が難しい
傾斜の緩い土手?での練習だったけど、懸垂下降なんて初めてのことなので内心ドキドキでした。

そういうコトを見越して、岩場でなく、この場を練習場所に選んで下さったのですが。

まさか家や病院で懸垂下降や引き上げをやる訳にはいかないけど、それらに必要なロープの結び方などはどこでも練習出来るので、また練習
して、次は岩場で実践出来ればイイなぁ。

そうこうしているうちに帰る時間が迫って来て、駅まで送っていただき、東京へ帰って来ました。

楽しい時間が過ぎるのは早いもんで、今回もアッという間の3日間でした。
一週間くらいやっていたかったなぁ…。


今回、トレーニング山行をお引き受けいただいたほか、日程・行き先が決まった後での日程変更や、急な行き先変更などに、お忙しい中対応して下さり、しかも今回の山行中、おうちに泊めて下さった菅野さんには本当に感謝しています。
あらためてお礼申し上げます。
ありがとうございました。

あのシマシマだらけの地図をどう見ていけばイイのか? 地図にも周りの景色にも、多くの情報があること、引き上げシステムがどの様な構造?で成り立っているのかなど、多くのことを学びました。

認定のためだけでなく、登山初心者としても本来は学ぶべき必要な技術だと思うので、次回ご一緒していただいた時には「今ココにいます」と自信持って現在地を答えられる様に、地図読みもロープも反復練習しておきます。


現実に戻りたくはないけど、明日からまた仕事
ガッツリ仕事して、冬の雪穴掘り目指してお金ためよっと

6月28日 木曜日。
東京蒸し暑〜い

昨日、2泊3日の妙高読図・ロープワークトレーニングから帰って来ました。

6月25日。
朝4時起きで、新潟県 妙高へ。
IMG_9115
上越妙高駅で今回お世話になった、ガイドの菅野さんと待ち合わせ。

水分と行動食を買い込み、そのままトレーニング地である信越トレイル 袴岳(1135m)へ。
IMG_9089
1/25000の地図とコンパスを片手に、赤池から出発です。

「ブナ林が気持ちイイね」なんて話しながら、立ち止まって木々を見上げていたら、カモシカさんがこちらを見てました (写真中央木の間)
IMG_9086
そこからしばらく登って山頂に到着。
IMG_9088
休憩した後は柏ヶ峠方面へ下山し、最後は林道を歩いて赤池に戻りました。

6月26日。
2日目は5時起床です

この日は笹ヶ峰から火打山方面へ。
IMG_9092
地図読みのトレーニングなので、手にはもちろん地図とコンパス。
整置をして、進行方向に当たる登山道が、どの様な場所を通っているかなどを地図から予測して、地図上の地形と実際の地形を見比べて…。
分岐ではどちらの道に進むかを確認したり、気になる山が何山なのか調べたりetc。

これらを全て地図とコンパスのみでやりながら、なだらかな木道を進みます。

でも、なだらかなのは黒沢まで。
IMG_9097
この先は「十二曲り」と呼ばれるつづら折りの急登が始まります
IMG_9098
(十二曲りの始まり1/12)
その先は更なる急登で、段差が大きくなったりするので、若干曲がり難くなった膝のコトを考えて、引返す事にしました。(次回は行くよ)
IMG_9099
(十二曲り終点12/12)

この続きは「読図・ロープワークトレーニング @妙高2」へ。

↑このページのトップヘ