カテゴリ: 山行

2月13日 土曜日。
穏やかな晴天に恵まれた今日は、山行最終日となりました

今日は初日と同じく霧ヶ峰へ。
今回は八島ヶ原湿原を周回・ツエルトの設営・ビーコン捜索が予定メニュー。

7時から朝ごはん。

泊まったホテルが大当たりで、2日間のごはんは最高でした
FullSizeRender
荷造りをしたらホテルをチェックアウトして霧ヶ峰へ。
八島ヶ原湿原の駐車場で準備をしたら出発です。
IMG_7344
ポカポカな春の陽気で、気持ちの良い歩行
でも気を抜いて歩いていると、木道の隙間や脇に開いた深い落とし穴にハマるので要注意

途中、樹林帯があったので、そこでツエルト設営をやってみました。
IMG_7350
使ったのはスリング・カラビナ・ストック・その辺にあった枝。
所々手伝っていただきながら、何とか完成しました

せっかく設営したので、中に入って少し休憩。
中は風を凌げてポカポカ度
お昼寝出来そうな快適さでした。
IMG_7351
(ツエルトの中で、寝転んで撮った景色)

再び歩き出し、立ち寄ったのは2年前のツアーでお世話になった「ヒュッテみさやま」さん。
ココでお昼ごはんをいただきました。
IMG_7353
カレーとキノコピラフ
本当はスープがセットなのですが、切れてしまったとの事で、サラダを付けて下さいました。

休憩して「さて出発準備を」と、トイレに行ったり支度していた時に入って来た情報。
冬季通行止のビーナスラインに進入してしまったトラックが、Uターンしようとしてスタック道路を塞いでしまい、他の車を巻き込んで立ち往生していると

時間的にも、もし動かなければ私達も帰れなくなる可能性が…
万が一の時には…と連絡先まで下さった、ヒュッテのご主人の優しさに感謝です。
IMG_7357
とりあえず、車を停めていた八島ヶ原湿原の駐車場へ向かいます。

日が傾き始めて影がミヨ〜ン
IMG_7358
無事に?駐車場に戻り、最後に1回だけビーコン捜索の練習をする事にしました。
その準備中、駐車場に入って来た車が1台。
立ち往生の事を聞いてみたら、何もなかったとの事。
そのまま動けない様なら、ヒュッテみさやまさんに一泊…なんて事も言っていたのですが、帰れる事になってしまいました
ホッと一安心20%、何だぁ残念な気持ち80%(笑)

ビーコン捜索の方はクロスサーチはかなり怪しかったけど、ドンピシャで発見する事が出来ました

そして名残惜しい気持ち一杯のまま霧ヶ峰を後にし、生息地に帰って来ました。
IMG_7341
(朝のホテルの部屋から)

本当なら、6月頃にまたトレーニング山行のお願いをしたい所だったのですが、まだ来年度の研修スケジュールや、山岳看護師の方の演習・検定スケジュール等が出ていなくて依頼が出来ず(早く予定出してくれ〜)


最後になりましたが、こんな状況の中、予定通りに山行に行って下さり、本当にありがとうございました。

そして3日間お世話になりました。

また律子さんと山に行けるのを楽しみにしてます


2月12日 金曜日。
山行2日目です。

まずは朝ごはんでパワーチャージ
IMG_7310
豪華〜でも量が多い

8:15に駐車場に集合(とは言っても2人ですが)して出発

今日は三城からダテ河原ルートを通って美ヶ原の王ヶ頭を目指します。
標高差は約600m。

標高1750m辺りから山頂までの200mは、年輪の様な等高線の詰まり具合
まぁ、急登と言う事ですね
FullSizeRender
前もってどんなルートかを確認した時から不安しかない

でも、実際に一番問題だったのは、歩き始めてから最初の分岐まで。
苦手な変化のないダラダラした登りにペースが掴めず、呼吸が上がり過ぎて呼吸が追い付かず…
IMG_7314
途中、あまりの暑さにアウター上下を脱ぎ捨てて、とても2月の雪山登山とは思えない装いになって分岐点に到着。

この後はしばらく、平坦なトラバース

また少し登ると、ネットに載っていた無人?廃屋?の小屋がありました。
IMG_7336
少し休憩して、もう少し先へ進むといよいよ山頂への急登の始まり。

心配していた様な直登ではなく、つづら折りの道でチョット安心。
IMG_7317
背の高い木が少なくなり、眺望が開けて来ます。
IMG_7319
目の前には御嶽山
山頂までもう一息
IMG_7320
更に進むと王ヶ鼻方面への分岐があり、すぐ上に王ヶ頭ホテルが見えてきます。
直登に近い感じで登ると、板の様な平たい石がばら撒かれた箇所があり、そこを通過すれば山頂です

石碑?の所には人数の多いグループがいたので、先にホテルで昼食にしました
FullSizeRender
サーモンとほうれん草のクリームパスタと悩んだ末にカレーを注文
炭酸が無性に飲みたくて頼んだ「グレープサイダー」↓

IMG_7323
でも、レストラン内がとても寒くて(外の方が暖かい)、冷たいモノをオーダーした事を後悔したのでした

IMG_7324
IMG_7325
槍ヶ岳も大キレットもよく見えたし

時間も時間だったので、写真撮ったりしたら下山開始です。
IMG_7328
大変だった登りも、降るのはアッという間
駐車場?で簡単に荷物整理して、17:30頃ホテルに戻って来ました。

速攻でお風呂にお湯を張って汗を流して、イイ感じにお腹空いた頃に夕食となりました。
FullSizeRender
今日も品数豊富で豪華な夕食

苦しい〜。

既に筋肉痛が始まっていますが、明日は早くも最終日
思いっきり楽しめる様にコンディション整えよっ

2月10日 木曜日。
今日から2泊3日で、冬のトレーニング山行です。
とは言っても、日々の疲れが抜けてなくて、ハードなトレーニングは無理そうなので、緩めに
そしてコロナの事もあり、今回は山小屋泊は辞めて、街中のホテル(シングル)滞在になりました。

初日の今日は…
IMG_7279
霧ヶ峰で車山にゆる〜く

IMG_7280
場所によって少し風はあるけど、陽だまりはポカポカ
IMG_7285
山頂から車山湿原側へ下り、湿原の外側を歩いて、目指すはころぼっくるヒュッテさん

そのお目当ては…↓
FullSizeRender

FullSizeRender
お昼ごはんにボルシチとパン&好きな飲み物がセットで¥1350ー。お得です
IMG_7297
食べ終わったら、更に周辺をお散歩。
ホントに暖かくて、いつまでも居たいけどそうも行かないので、日向で少し休憩して霧ヶ峰をあとにしました。

今回の宿泊は、松本駅から徒歩数分のホテル。
朝夕の食事付きで、夕食は信州の名物料理の和食
IMG_7308


IMG_7303
味も量も、思っていた以上で大満足の夕食でした。
お腹も一杯になったので、明日に備えて寝る事にします。

1月29日 金曜日。
今日は年休を取ってお休みでした

私が年休を取る時は、大抵山に行く時。
今回は、以前から行きたかった御岳山に行って来ました。
IMG_7156
一緒にお付き合い下さったのはクラツーさんのツアーでもお世話になっている、I田ガイド
目的は、地図と仲良くなること(笑)FullSizeRender
コンパスは使わずに、地図の情報と現地情報を読み取る所から。

ただ、問題は足元…。
先週末の積雪にプラスして、昨日の雪で結構な量の雪が残っていました

なので、天狗ノ腰掛杉を過ぎた先で軽アイゼン装着
IMG_7136
↑天狗ノ腰掛杉

奥の院手前の鎖場にも積もっています。
IMG_7138
ココを抜けると奥の院。
IMG_7139
思ったより積雪があったので、この先のルートをどうしよう?となったのですが、せっかくなので鍋割山まで頑張って行ってみる事にしました。
IMG_7141
奥の院辺りから風が強くなり、鍋割山からの稜線は結構な強風
風が冷たい

IMG_7143
積雪量は段々増えて、30cmくらい積もっている中を歩きます。
まるでどっかの雪山に来たかの様
(ココは東京です)
IMG_7146
ちょっとわかりにくいですが、シュカブラまで。
IMG_7147
細く長い氷柱四兄弟。

鍋割山分岐を左に折れ、芥場峠を左に入って綾広ノ滝へと向かいます。
IMG_7148
細い滝ですが、凍ってはいませんでした。
この先はロックガーデン方面へと進みます。
岩と雪のMIXで歩き難いけど、イイ練習です。
その代わり、ロックガーデンの写真撮るの忘れた

この辺りからだいぶ雪が減ったので、アイゼンを脱ぎました。

↓は天狗岩。
上を向いた天狗ですね。
登る予定ではなかったのですが、プチクライミングして天狗岩に登ってみました。
IMG_7150
少し岩を登ったら、後は木の根っこ
根の段差を利用して登って降りて。
IMG_7151
岩から降りたら、今回は七代の滝には行かずに御岳山神社・ケーブルカー駅方面へと戻りました。

ケーブルカー駅の脇からの景色。
IMG_7152
薄っすらとスカイツリーが見えました。

身体が冷えたので、チョイと温まりに茶屋へ
FullSizeRender
FullSizeRender
道中「トロロ蕎麦食べたい」なんて話していたら、ありました
更に甘酒も(笑)

ポカポカになってケーブルカーに乗ったのにヒュ〜ヒュ〜
今日一日で一番寒い一気に冷えた

御嶽駅で電車を待っている間に、持参したダウンを引っ張り出しました
山中じゃなく、下界で役立つ事になるとは…。

イロイロな要素の詰まった山行で楽しかったなぁ。
次はどこに行こうかな。

12月31日 木曜日。
2020年も今日で終わり
コロナに始まり、コロナで終わりを迎えた一年ですが、最後の最後に1300人の陽性者と言う大台を達成

まぁね、飲み会(飲食含む)・会食はリスクが高いと散々言われてきた事なのに、GoToイートなんか始めて、どんどん外食しろ、やれ飲みに行けなんてやってたら、アッという間に感染拡大するのはわかりきった事。

多分、多くの医療従事者が思っていたと思うけど…。
その結果がこの年末年始なのだと思います。

来年はもう少し静かな年になって欲しいもんです。

さて、そんな一年でしたが、今年も山に癒されました。
今年行った山は
IMG_7088
始まりは、遭難対策委員会の委員研修で行った、谷川岳。
IMG_4367
IMG_4363
雪不足で、翌月の講習場所選びに苦労しました。

2月1日、ツアー登山で行った高麗山。
標高160mチョットで、何と車でも来られるという
IMG_4619

IMG_4612
2月6〜9日、北八ヶ岳:天狗岳。
師匠の律子さんとのトレーニング山行でしたが、1日目夜から山岳看護師仲間が応援に来てくれました
そして3日目、一昨年のリベンジ天狗岳登頂雪山初登頂でした。
IMG_4594
IMG_4481
3月11日鋸山(ツアー登山)
コロナ感染拡大が始まった頃で、この山行以降はしばらくツアー登山はお休みに…。
IMG_4697
IMG_4708
3月21日遠見尾根山行。
軽井沢に行ったタイミングで、白馬で雪山トレーニング。
ビーコン捜索や初ワカン歩き他、遊び要素の入った山行でした。
そして珍事件も
IMG_4778
IMG_4808
10月8〜9日八方尾根(唐松岳)
約7ヶ月振りの山行となった八方尾根でしたが、まさかの台風3年連続です
久々だったのでムリはせず、行ける所までと言う事で、唐松岳頂上山荘までの山行に。
絶景と初雷鳥に癒された山行でした。
IMG_4177
IMG_4105
IMG_4251
11月8日白砂山・羅漢寺山(弥三郎岳)。
3月の鋸山以来、実に8ヶ月振りのツアー登山。
登り始めが意外と急で、キツかったけど、紅葉が見頃を迎えていてキレイでした。
IMG_4413
IMG_4387
11月15日天覧山・多峯主山。
登山の基礎を学ぶ講習登山。
標高は低いけど、景色は
IMG_4362
IMG_4366
12月12日発端丈山・葛城山。
伊豆三山の縦走。
葛城山はロープーウェイを利用。徒歩2分で山頂(笑)という
ただ、その後は急傾斜の、しかも滑る登り下り
低山なのに、かなりエグい山でした。
IMG_4630
IMG_4603
12月29日大山。
今年の登り納めは、ホームグラウンドの大山へ。
どのルートにしようか悩んだ挙句、一番キツい裏参道から登りました。
IMG_7015
IMG_7023
FullSizeRender
そして、若干の筋肉痛を残して、大晦日を迎えました
何だかんだと、10山登ったんだねぇ…。

2021年も、1月から山行予定が入っていますが、今はまずコロナの感染拡大が落ち着いてくれる事を祈るばかりです。

最後に、本年も山でお世話になりましたガイドさん、遭難対策委員の皆さん、そしてブログを見て下さった皆さん、大変お世話になりました。ありがとうございましたm(_ _)m
来年は、白馬移住という一大イベントを控えていますが、多分、今と変わらないと思いますので、またよろしくお願い致します。

良いお年をお迎え下さい。

↑このページのトップヘ