カテゴリ:

さて、3泊4日の予定だった今回のトレーニング山行。
台風19号が来日されるという事で、ガイドさんと相談して予定を変更し、一日早く下山することにしました。

今朝(11日)はご来光を見る為に早起きして山小屋の裏へ。
空は明るくなっても、雲に阻まれご来光は見られませんでした
IMG_3659
箱庭の様に見える白馬村。
IMG_3660
雲の上に八ヶ岳と南アルプス。

この後朝食を食べ、荷物整理をしたらハーネス・ヘルメット着用で五竜岳への縦走路へ。
FullSizeRender

IMG_3667
核心部と言われる牛首を越え、途中まで行って戻って来る。
岩場・鎖場の実践練習です。
もちろん、ガイドさんによるショートロープと言う、安全確保付き
IMG_3686
高度感があって怖さもあるけど、足元を確認しながら歩いているし、足場はあるので、動けなくなる様な怖さはありませんでした。
IMG_3666
無事に頂上山荘に戻り、ティータイムのあと下山開始しました。

やはり台風の影響か?紅葉シーズンなのにすれ違う人はまばら。
八方池のほとりには、何と誰もいない
沢の音や鳥の鳴き声だけが聞こえる、とても静かな山行でした。
IMG_3680
IMG_3678
お昼を食べずに下山したので、白馬村内のお店でかなり遅いランチ。
FullSizeRender
長野駅行きの最終バスに乗るため、八方バスターミナルまで送っていただきました。

そしてお見送りしていただき、帰宅の途に着きました。

日程は一日短くなってしまいましたが、物見岩でのクライミング練習。
念願だった唐松岳登頂。
そして鎖場:牛首の往復実践練習。
ホントに台風が来てるのか?と疑いたくなる様な最高のお天気の中、充実したトレーニングが出来ました。

今回もイロイロご指導いただきました律子さん、本当にありがとうございましたm(_ _)m
IMG_3624

成長出来ているのかは???ですが、また次回もよろしくお願い致します

トレーニング山行2日目:10月10日木曜日。

この日は朝食を食べ、やっと念願の北アルプス唐松岳へ。
IMG_3577
7時半、ガイドさんがお迎えに来て下さり、八方ゴンドラ乗り場へ。
八方池山荘までは、ゴンドラとリフトで上がります。

いよいよ登山開始。
体力温存の為、今回は木道ルート。

紅葉シーズン最盛期だからか?平日にも関わらず、登山道も八方池も多くの人で賑わっていました。
IMG_3582
(鎌池)

八方池先の下ノ樺より先はまだ未知の世界(笑)
今回はペースを保って歩く練習を兼ねて、難しい場所以外は、私がガイドさんの前を歩く事に
IMG_3597
トラバースあり、平らな箇所あり、遺跡と呼ばれる段差あり…と、なかなか面白い
全く苦しくない訳ではないけど、それでもいつもより楽に歩く事が出来ました。

山荘手前の一山(尾根)に上がると、見えて来ました唐松岳頂上山荘。
チェックインして荷物整理をした後、唐松岳山頂にアタック。
IMG_3605
(唐松岳)
チョット風はあったけど、剱岳・槍ヶ岳、八ヶ岳に富士山、南アルプス、更には妙高・戸隠方面の山々、浅間山も見渡せる大展望
IMG_3622
剱岳方面
IMG_3613
五竜岳方面

30分程山頂で休憩して、山小屋に戻りました。

FullSizeRender
戻ってすぐに夕ごはん
ハンバーグでした。

この時、ちょうど太陽が沈み、キレイな夕陽が
IMG_3627
FullSizeRender
IMG_3639
そんなに寒くなかったので、いつまでも見ていられる景色でした。



最終日へ続く

10月11日金曜日。

9日水曜日から、トレーニング山行で長野・白馬方面へ行って来ました。

初日の9日は、経験の浅い岩登りで、善光寺裏の物見岩でクライミングの練習でした。
IMG_3568
数日前に登るコトも、クライムダウンもロアーダウンもやっていた事もあって、6月に比べたらスムーズだったんじゃないかと…。
IMG_3569
お天気も良くてポカポカ陽気の中、ガイドさんお手製のシリアルバーとチャイ付きで練習出来ました(笑)

あっ∑(゚Д゚)シリアルバーとチャイの写真撮るの忘れた〜

その後白馬へ移動し、その日の夜は村内のどんぐり村にある「林ペンション」さんにお世話になりました。
オーナー様は国際山岳ガイドで、ペンション内にクライミング壁があります。
IMG_3573
コレを登らなければ、お部屋に着けません。
(ウソです 笑)

この日は何と貸切宿泊客は私だけ
奥様の手作り料理をガイドさんとゆっくり楽しみました。
FullSizeRender
鱈のタルタルソース掛けやカボチャスープ、トマトがとても甘いサラダ。
IMG_3575
メインはガレット。
コレもお手製です 中はジャガイモや豚肉、タマゴ。
FullSizeRender
デザートまで。
美味しくて残さず食べたら苦しかった(笑)

食後、奥様と少しお話しして、この日は就寝しました。


2日目に続く

10月5日 土曜日。
前回の更新から間空いてしまった

今日は早起きしました。
来週のトレーニング山行前に、岩場トレーニング。
クラツー さんのツアーで、阿寺の岩場に行って来ました。
IMG_3522
ガイドは山岳ガイドの柳瀬ガイド。
4名限定の少人数制です。

10月とは思えない暑さ&日差し
岩場に着く前にバテるってば。

最寄駅からは舗装された道路を歩きます。
IMG_3525
IMG_3524
道路脇を流れる小川は、とても透明度が高く、蛍の生息地だそうです。

1時間程歩いて岩場に到着。
IMG_3530
IMG_3529
まずは、ヘルメットの被り方とハーネスの付け方から。
そして、ほぼ地面に近い所で足の置き方・重心移動の練習をしたら、いよいよ岩登りです。

いきなり上まで登るのは、怖さ等もあるだろうと言う事で、岩場の途中まで。
最初はクライムダウンで下界へ。
IMG_3534
(ビレイしてくださっている柳瀬ガイド)

再び同じ所まで登って、次は私が6月に苦労たロアーダウン
だけどコレが自分でもビックリする程スムーズに出来て、本当にビックリ‼️でした。

今度は更にもう一段上の段まで。

ここまで終わったらお昼休憩
この後は、岩場のテッペンにチャレンジです。
IMG_3527
その前に、トップロープの準備をするガイドさんのお手伝い。
リードで登るガイドさんのビレイヤーをやらせていただきました(コレは今回の講習範囲外)

ありがとうございました😊

休憩後、上まで登ったらロアーダウンで降りてくる。
1人一本ずつTRYして、最後はツルツルのスラブに挑戦。

講習は終了となりました。

まだ、岩が掴めない場所での怖さや、小さな足場に乗る怖さがあるけど、そういうのがなくなったらもっと楽しくなるんだろうなぁ。
IMG_3531
今日の感覚を忘れない様に、次の岩場トレーニング頑張ろう

9月7日 土曜日。
昨日はLIVE終わって帰ったら23時半
工事のせいで、道路が大渋滞してました

寝不足の中、今日は4時半起きでお山へ。

今回は、蓑毛からヤビツ峠を経由して大山へ。

バス停正面の道を沢沿いに進みます。
IMG_3266
しばらく行くと、蓑毛越とヤビツ峠の分岐に到着。
IMG_3268
今日はヤビツ峠方面へ進みます。
しばらくは舗装された杉並木が続きますが
IMG_3270
杉並木を抜けると、名水百選に選ばれた春嶽湧水(はるたけゆうすい)に。
IMG_3272
どうやらココの湧水は飲めるらしい。
飲めば良かった〜
この木橋を渡ると登山道の始まり。
IMG_3275
歩いているとガサガサ音がするので、見たらヘビが…
IMG_3276
登山道は斜面をトラバースする感じで、アップダウンはほとんどなく、かなり楽に歩けます。
ただ、道幅が狭かったり、崩落している箇所もあるので、注意が必要です

約1時間半も歩けば、ヤビツ峠到着。
ココからは階段を登ります
IMG_3279
途中、視界が開けて江ノ島まで見渡せました。
IMG_3280
更に進むと、今度は鎖場が
IMG_3282
短かったけど、意外と急な鎖場でした。楽しかった〜

そして歩いていて、フト足元を見るとコレ
IMG_3283
またしても登山道のド真ん中に
そしてまたまた石の上(笑)

動物の落し物を見ながら景色も
IMG_3287
だけどやっぱり階段が多い
ベンチがあったので、そこで休憩したら、おじさんがバナナを下さいました 
普通のバナナがこんなにも美味しいとは…。
今度から行動食に持って行こうかな。

さて、この分岐まで来たら山頂まであと少し。
下社から上がってくる表参道との合流です。
IMG_3288
登ること約15分。
山頂に到着
IMG_3295
楽しみにしていたカキ氷を食べながら、しばし景色を堪能。
IMG_3291
IMG_3292
その後、見晴台方面へ下山。
見晴台の手前辺りまで、果てしなく階段

足が痛くなって来て、下山に2時間以上かかってしまいました
(でもあの登山道をCT75分は厳しいんじゃないかなぁ?)

下社まで下山したら、本日2回目のカキ氷(笑)
FullSizeRender
イチゴミルク

今回はお蕎麦もお豆腐も食べないで、帰路に着きました。

帰って見たら、踵と親指の裏に水泡が出来てた
上半身が筋肉痛になってるんだけど、よくよく考えたら、まだ術後1ヶ月経ったばかりでした

明日はあまりお天気良くないみたいなので、ほっちゃんとマッタリします。
IMG_3241

↑このページのトップヘ