9月8日 火曜日。
最近、晴れてるかと思いきや、突然のゲリラ豪雨…という日が続いていて、外に洗濯物を干すのを考えてしまいます

この所、ようやくコロナウィルス陽性者が減少傾向となってきた東京。
でも引きこもり大好きな東京都の緑のタヌキは「自粛自粛」と自粛の押し付け。
職場からは相変わらず、外出・外食禁止通達。
いくら医療従事者だからって、イイ加減に人間らしい生活させろってんだ

そんな中、唯一、認定資格継続の為などの研修・講習はOKなので、継続ではないけど取得の為に受講して来ました。

受けたのはBLSプロバイダー。
BLSとはBasic Life Support:一次救命処置の事です。

会場は浜松町にある、東京トレーニングラボ。
image
とても広い会場で、BLS・ACLSなどの各講習が行われており、この日もいくつかのコースが開催されていました。

まず入口で検温と問診票の提出をしてから各会場へ。
アルコールで消毒を行ったら、本人確認をして中に入ります。

この日の受講生は私を含め5人。
インストラクターは4人で、1人は総括なので、受講生2人:インストラクター1人だったんですけど、私だけマンツーマン(笑)
良くも悪くも、他の人の倍出来るので、疲労も倍

講習は、テキストに沿ったビデオを観て、ビデオに合わせて練習します。
image
内容はほとんどが実技です。
image
でも、CPRはかなり重労働な為、休憩もチョコチョコと。

前半は成人の救命処置方法。
それが終わると、しばし練習時間が設けられ、実技試験があります。
チェックリストに沿って評価して、全てにチェックがつかなければ再試
実技は何回も繰り返して行うので、しっかりやっていれば問題ありません。
image
お昼休憩の後、後半は小児・乳児の救命処置。
小児は成人とほぼ変わらないのでイイのですが、乳児は心臓マッサージのやり方が1人の時と2人の時で違うからややこしい

それも踏まえて、実技試験
この時、意識の有無を確認した後の「助けを呼ぶ」という工程をすっ飛ばして、「あっ」と思いながら、脈と呼吸を見ながら助けを呼ぶという荒技?をやったら、インストラクターさんに「医療者アルアルだ」と笑われた
image
そして、窒息の解除を練習だけ行い、最後は学科試験
全25問84点以上が合格です。
テキスト持ち込み可だったけど、意外と時間がなかったなぁ…。
一応、92点で合格し、実技・学科とも合格だったので、無事にBLSプロバイダーを取得しました。
image
このあとまだACLSを受講しないといけないんだけど、2日間だし、なかなか空きがないからいつ受けに行こうかなぁ。

あまり間開けずに行きたいなぁ。