2020年02月

2月26日 水曜日。
昨日の夕方から今朝にかけての雪予報
起きたら一面真っ白になっているだろうと、朝、楽しみにカーテンを開けたら…。
雪は一体どこへやら???
IMG_5086
だけど、別の意味で白い世界になっていました

今日から1ヶ月、また東京での生活です
お天気も悪いし、午前中はノンビリと片付けをして、昼過ぎに軽井沢を出発しました。

中央道から帰る為、国道141号線(佐久甲州街道)を清里方面へ向かいます。
途中、パンを買うのに、初日に行った「高原のパン屋さん」に寄り道。
朝食用の食パンと、お昼ごはん分を調達しました。
FullSizeRender
パン屋さんを出ると間もなく、松原湖方面への案内標識が。
そこを曲がった先には、この前行った稲子湯があります。

車はそのまま国道を走行
野辺山辺りでは、50m〜100mがようやく見えるかな?程の濃霧
IMG_5088
当然、八ヶ岳は見えませんでした(南アルプスも見えず)

中央道は名物「小仏渋滞」もなく、とっても快適に走れ、17時頃には家に到着してしまいました
車に乗っている間、ほっちゃんは私の膝の上で爆睡
車に乗るのも慣れた様です。
IMG_5090
完全に寛ぎモード
IMG_5092
帰ってからは隅から隅までお部屋の確認。
しばらくワチャワチャして寝てしまいました。

次回はまた1ヶ月後。
たくさん遊ぼうネ

2月24日 月曜日。
マイナス7°と冷え込んだ朝。
IMG_5032

今日はほっちゃんにお留守番してもらい、早朝から白馬へと向かいました。
2日連続での白馬です

目的は八方尾根歩き
お天気だけなら、文句なしの快晴です。
心配なのは風。
稜線付近は雪煙が上がっていました。

ゴンドラ乗り場に行ってみると、係員の人が「上は風が強くてリフトが止まっている」と教えて下さいました や、やっぱり
そして、チケット売場近くには、リフトが動くの(チケット発売開始)を待つ登山者の長蛇の列が

直感で無理そうだと感じ、早々に諦めて観光にシフトチェンジしました

コインロッカーにザック等を放り込み、向った先は白馬岩岳。
IMG_5048
ゴンドラで上がり「HAKUBA MOUTAIN HARBOR」へ。
白馬三山の迫力ある雄姿が目の前に
IMG_5040
IMG_5044
IMG_5041
IMG_5046
暖かいコトもあり、いつまでも眺めていたい景色
でも混んでいたので、そこそこで下山し、(大出)吊橋へと向かいました。

吊橋も前日と違って賑わっています
前日は雪に覆われていた道路も、完全に溶けていました。
ほっちゃんがラッセルして遊んだ広場も、踏み跡でグチャグチャ

写真だけ撮ったら撤退しました。
IMG_5051
吊橋から白馬駅に向かう途中で撮った五竜岳↓
IMG_5067
大出地区からの白馬三山↓
IMG_5066
コレだけ見ても、稜線は雪煙が上がってますね。
結局、終日リフトは運休だったみたいなので、早く諦めて良かった〜

バスターミナルに向かい、ちょうどお昼だったので「三八商店」さんでお昼ごはんにしました
IMG_5073
私が入った時は誰もお客さんいなかったのに、途中から何名かの方が入って来られました。

メニューは4種類のガレットを中心に、セットメニューやスイーツ系も。
IMG_5076
どれも捨て難くて悩んだ結果、キーマカレーのガレットにしました。
FullSizeRender
お皿からはみ出るくらい大きくて、ボリューム満点
お腹一杯になったところで、あまり遅くなっても…と思い、帰路に着きました。

来月はリフト動いてね〜

2月23日 日曜日。
昨日から軽井沢に滞在中。

ホントは金曜日の夜から来る予定だったのですが、チョットした事情により、土曜の朝出発

大きな渋滞はなかったので、お昼前には軽井沢入り出来ました。
FullSizeRender
サッとお昼ごはん食べたらお買い物へ
向ったのは小海町。

先日の山行で泊まったしらびそ小屋。
そこの人気の朝ごはん、厚切りトーストに使っているパンが、小海町にある「高原のパンやさん」のパンなんだそう。↓コレね。
IMG_8790
往復で約80Kmの道のり
近そうで遠いなぁ
東京だったら、間違いなく買いには行かない
IMG_4987
IMG_4990
しらびそ小屋さんで食べたトーストと同じく、キメ細かくて柔らかく、美味しかった


今日は八方尾根を歩こうかと思っていたんだけど、白馬を含めた日本海側は、発達した低気圧の通過で、荒れる予報

強風だろうし、そうなるとリフトも動かないだろうし…。
もし行って、ホワイトアウトなんて事になったら、自分の技量では遭難するのがオチなので、あっさり中止に。
IMG_4994
なので、ほっちゃんを連れて白馬をウロウロ徘徊。
FullSizeRender
ほっちゃんラッセル中。
FullSizeRender
出てきました

白馬村中心部はあまり雪がなかったから、多分すぐに溶けちゃうんだろうなぁ…。
IMG_4999
IMG_4998
八方尾根、来月末まで雪もつかな?チョット心配

軽井沢に戻って来たらスッキリ青空でした。
IMG_5017
IMG_5021
でも、浅間山山頂は風凄そう
朝より雪が減ってる

明日はお天気回復するみたいだけど、風も止んでくれるとイイなぁ。

2月10日 月曜日。
今日から現在に戻り、通常の生活です

2月9日。
トレーニング山行最終日。
大混雑の黒百合ヒュッテ。朝ごはんも夕食同様一回戦目(6時)。
FullSizeRender
ゴハンが半分しかないのは、食欲で減らしてもらったからで、食べかけじゃないですヨ

最終日は朝食後に簡単に身支度を整え、まずはヒュッテ前の斜面で歩行技術や滑落停止の練習や、ビーコン捜索の練習。
前日はまだ暖かかったのに、寒気の流れ込みで激寒です
IMG_4815
早朝はマイナス17°だったとか
動いてる時はイイけど、止まると途端に身体の芯から冷えてきます。
IMG_4813
IMG_4812
IMG_4900
(Photo by:律子さん)
斜面を登って横切って降りて滑って…。
こう書くと楽しそうに見えるんですが…楽しいですイヤ、意外とキツイです(笑)

寒いと体力消耗するし、この後下山が控えていた為、適度な所で切り上げ、パッキングの後、中山峠経由で下山しました。

登りもキツかったけど、下りはキツイし怖かった〜
ショートロープで確保していただきました。

途中、2日目に泊まったしらびそ小屋さんにお立ち寄り。
ココで暖まりながらお昼ごはん
IMG_4912
FullSizeRender
他の登山者もみんなラーメンを啜っていました(笑)

13時。しらびそ小屋さんを後に、再び下山です。
傾斜は緩くなり、駐車場まであと少し。

そして、みどり池入口に到着。
体が冷えていたし、荷物整理もしたかったので、八峰の湯で温泉に入ったあと、帰路に着きました。
IMG_4818
今回も根気強くご指導下さったガイドの律子さん。
トレーニングにお付き合いしてくれた、山岳看護師の悠里ちゃん。
ホントにありがとうございました

懲りずにまたよろしくお願い致します。

2月9日 日曜日。

さてと。
トレーニング山行3日目です。
IMG_4770
まず朝ごはん前に、小屋で餌付けされているリスやホシガラス達の観賞&撮影会。
IMG_4760
IMG_4766
人間の朝ごはんは、しらびそ小屋名物のトーストの朝食です。
FullSizeRender
IMG_4775
とてもきめ細かなフワフワのトースト
トーストの朝食は予約制。
人気なので週末は予約が一杯になってしまう事も…。

この日の朝、小屋のご主人のタカさんが「山カフェ」に電話生出演と言う事で、宿泊者全員で聴きました。

ただ、この日は天狗岳登頂が控えていた為、あまりゆっくりしていられず、出演終了後すぐに出発。
先ずは、中山峠経由で黒百合ヒュッテを目指します。

中山峠直下は相当な急登
短い休憩を挟みながらゆっくり登ります。
実は、天狗岳登頂以外に私には目標があって…。
前日の7日から、お世話になっているガイドの菅野さんが黒百合ヒュッテに来られていたので、お会いしたかったのです
遅くなると下山してしまうので、何とかお昼前には着きたいなぁと。

結構キツイ登りで、途中からサーモスとプローブを律子さんが持って下さいました。

何とか11時半には黒百合ヒュッテに到着。
サッとお昼ごはんを食べたら、天狗岳に向けて出発です。
FullSizeRender
そして出発前に、菅野さんにお会いすることが出来ました

負担を減らす為に、私の荷物はサブザックにサーモスとダウンだけ。(ハーネスやアイゼン・ピッケルも持って行ってますよ)
IMG_4782
急登なため、ショートロープで確保してもらい登ります。
IMG_4789
多少の風はあるものの、一昨年とは比べ物にならない穏やかさ
一昨年撤退した場所も通過し、着々と標高を上げ、1時間半程で東天狗岳山頂に登頂出来ました

IMG_4783
東天狗岳から見た西天狗岳。
IMG_4787
中央に見えるのが、黒百合ヒュッテ。
IMG_4799
律子さんに撮っていただきました
IMG_4798
2人で
リベンジ成功です

この後は黒百合ヒュッテに戻り、夕ごはんまでのんびりと…と言いたい所なのですが、この日のヒュッテは大混雑
IMG_4801
スゴイ数の登山靴これはほんの一部。
他にもまだまだ売れそうなくらいあります(笑)

16時半に布団の割当てが発表になり、私達は3階屋根裏の一番奥
天井は低いし、えらく暑い やっぱり土日は泊まるもんじゃないなぁ。

夕食は、混んでるので二回に分けてでした。
FullSizeRender
夕ごはんはハンバーグです
私達は一回戦目だったので、ゆっくり食べてると後がつかえるので、サッサと済ませます。

この後消灯まではお茶しながらノンビリと過ごしました。


次回最終日に続く。

↑このページのトップヘ