2017年12月

12月11日 月曜日。
何だかんだと、今年もあと半月かぁ…。
年賀状の準備してな〜い

先週の月曜日同様、今日も診療が終わらず、帰りが遅くなってしまいました
(残業代は稼げるけどね〜)

今日は、みんなから「チョット癖がある(と言われてる)」非常勤の女医さん。
私は特に何の問題もなく仕事しているし、嫌なタイプではないんだけど

外来がスッカリ長引いたついでに、チョット立ち話したんだけど、話の流れから、話題は資格取得のコトに。

「どこの病院も、資格取っても適材適所に配置して貰えてないよ」とかイロイロ話し、山岳看護師の事なんかも話したんだけど、何でだろう?
そう言うのを応援してくれるのって、みんなドクターなんだよね。

もちろん、同僚(先輩)でも知ってる人は後押ししてくれたりしてるんだけど、師長にしても、部長にしても「病院に役立つ資格じゃない」とか何とか言って。

でも先生達は「目指せるモノがあるのはイイ事だし、今がチャンスなら挑戦するしかないだろ!やってみたら」って。
登山やってない先生でも「スゴイね!やりたいならやってみる価値はあるんじゃない」って言ってくれる。

この違いは何

今日話した先生も、「資格試験は月日が経てば経つほど難しくなるから、出来たばかりの資格なら今のうちだよね。今はすぐにどうこうならなくても、役立つ時が必ず来る」って。

部長や師長って、もう役職付いてるから上を目指す気持ちってもんがないのかもなぁ。
特にうちの上の人達は

だけど、理解してくれて応援してくれる人がいるって事はホントに有難いし、嬉しいし
井の中の蛙に負けないで頑張ろっ

12月7日 木曜日。
今日は半日勤務で、お昼過ぎに帰宅

夕方からまたしても、銀座の好日山荘に行ってました





















今日の講習は「低体温症と凍傷のメカニズムについて」。
現役整形外科医師の金田正樹先生の講習でした。





















私も一応医療者なので、わからない訳ではないのですが、登山中、どの様な環境や場所でなりやすいか?などを学ぶのに、良い機会かなぁと。
(今後、嫌でも勉強する事になるとは思いますが )









でもね、職場で強制的に参加させられる勉強会と違って、自分が興味ある事なので楽しいんです
1時間半じゃ足りない(笑)

先輩や友人からも「ホンットに楽しそうだよね。イキイキしてるよね」と言われるくらい、態度に出てるらしい

金田先生からは、「専門的な内容の前に医学の基礎をしっかりと学んでおく事 そうしないとメカニズムがわからない」とアドバイスをいただきました。

専門学校時代の生理学や解剖学などの教科書を、久しぶりに読み返そうと思います。(あッ、でもあったかなぁ )

2月は雪山に行くので、その前に「雪山登山の始め方」の机上講習を来週受講予定

山関連と同時に、就活も進めなきゃだなぁ

12月6日 水曜日。
夜になって、グッと冷え込んでいる東京です。

今日は仕事はお休みで、夕方から銀座の好日山荘に行ってました。





















目的は山での「ファーストエイド」の講習

職業柄、応急処置は日常茶飯事的な所もあるのですが、山で…となると、下界とはまた条件が違ってくる部分もあるので、少しでも自分の知識のプラスになれば…とね





















今日の講習で一番ためになったのは、ストックで作る松葉杖。
材料はストック・テーピング・タオルなどの布類、以上。

ストックとテーピングがある事が前提になりますが、かなりしっかりとした松葉杖が出来る事に驚きました

もちろん、こんな物の出番はない方がイイですけどね〜

覚えておきたいと思います。

そして、実は明日も好日山荘に行きます。
明日は現役医師の特別講座 「低体温症と凍傷のメカニズムを知る」。
低体温症になると動けなくなり、山行継続が困難になるばかりか、命に関わります。
山岳医療分野なので、しっかりと学んできます (時間短いけど )


家に帰ると寒かったのか?サスケがタオルに包まり、まん丸になってました












声をかけると…↓












大あくび(笑)
昼間、無理矢理起きて遊んでたもんだから、眠かったらしい

ケージから出て来たけど、数分で戻ってしまいました。

私も明日は仕事だから(半日だけど)、もう寝ようと思いま〜す

12月5日 火曜日。
久しぶりの火曜日整形配置。
マッタリのんびりだったけど、午前中の外来が終わったのは14時過ぎ

地味にお腹空いた

でもその後、部長との面接が…
内容は、私が1月一杯で退職する と、退職届けを出した事について。

勤務の事とか、上司との考え方の違いが
今後、「山岳看護師」の認定取得に向けて、山岳医療や登山技術を習得するのに壁になっていて。





















今日話終わって思ったのは、この先いる価値はない病院かなぁ…。

そもそも資格や認定って、職場の為に取得するもんじゃないと思うんだけど。
もちろん、職場から取れと言われて取る場合もあるかもしれないけど、大抵は自分の興味のある(学んでみたい)分野で取るもんじゃないの?

それにうちの職場なんて、今業界にある認定看護師のどの資格も、何一つ活かせる場所なんてないし。

山岳看護師は、今はまだ出来たばかりの認定だから、活動もボランティア的な所もあるけど、今後は変わっていくだろうし、職場では有益な資格じゃないかもしれないけど、「うちの病院の職員には趣味を活かして、こういう活動をやっている人もいます」っていう、アピールポイントにもなると思うんだよね。

現に、プロボクサーとかいたりするし。

そういうアピールでも出来れば、「趣味も仕事も両立できる職場」って事で、もっと看護師も定着するかもしれないしさぁ。

何でそういう所に目を向けられないんだろう?
病院にとって有益なものになるのか?とか、結局、目先の利益しか考えてない。

挙句には「本気でやりたいの?」とか聞かれるし

そんな、退職届け出してまで生半可な気持ちで言う訳ないじゃん。
本当に認定目指そうとしているから、ガイドさんに「基礎から教えて欲しい」ってお願いして、一緒に山に行ってもらってるのに。
それだって、タダじゃないんだから。

んっとに頭悪すぎる
そんなだから看護師が定着しなくて、派遣だらけの病院になるんだよ。

山行ってストレス発散してこよっ

12月2日 土曜日。
今年もあと1ヶ月かぁ〜。

この週末は三連休
だけど、軽井沢から帰った翌日からの3連勤があまりにも激務過ぎて、昨日はお昼ゴハンとトイレ行った以外は寝て終わり、今日も同じ状況
多分、起きてたのは一日のうち、2時間ないくらいじゃないかなぁ

今日はまだ、隣町にサスケのトイレシートを買いに行ったから、短時間ながら外出はしたけど、ほぼ冬眠状態

まだまだ寝れる

横には、似たようなコがいますが…











フリースの袖に潜り込んで、寝袋というより、イモムシみたいだなぁ(笑)

きっと明日も寝て終わるんだろうな〜

それにしても、いつになったら風邪治るんだか

↑このページのトップヘ