2017年12月

12月23日 土曜日。
天皇誕生日

ココ数日、無性に山に行きたくて、悩んだ挙句に奥高尾を縦走しようと、今日行って来ました。

ホントなら八ヶ岳とか行きたいけど、一人では無理だからね〜

朝5時起きで、6時チョイ過ぎに家を出発。
影響なかったからイイ様なもんの、南北線は運転見合わせしてるし、どこぞの駅の間で異音がしたと、総武線も止まっちゃって遅れるし

何とかバスの時間には間に合ったものの、バス停には長蛇の列
乗れるんかいな と思ったけど、臨時便も出ていて、大丈夫でした

バスに揺られる事、約30分くらい。
登山口のある「陣馬高原下」に到着です。












バス停からはしばらく、舗装路(林道)を歩きます。
アスファルトの坂道キライ

1.3Kmほど歩くと、左手に登山道入口が。












ココから左側の山道へと進み、歩き始めるとすぐ、現れるのは…












この急登
結構シンドい登りです
平坦になったと思っても、また登り…。
それを繰り返し、山頂に近付くと、今日はトレランの大会があったらしく、選手が走っていました。

登り始めて1時間チョット。
陣馬山山頂に到着。





















デッカい顔のない白馬が出迎えてくれます(笑)












空気も冷たく、お天気だったので富士山がしっかりと見えました。
その右側には、南アルプスも。












眺めていたいけど、長居はせずに先に進みます。
ここから先は所々、登り返しがあるものの、ほぼ平坦な道。

それはいいんだけど、急登を登っていた時からジンジンしていた指先に痛みが出始め、足首にも痛みが

原因は靴…。
足首部分が硬く、縁がアキレス腱のやや上に当たりっ放し。そのせいで、後ろに重心をかけられず、常に重心が前にかかる状態。
そんなだから自由が効かず、下りはメチャクチャ怖かった

途中で靴脱ぎ捨てようかと思ったくらい。
「あ〜 」と思いながら歩き続け、どうにか景信山山頂にたどり着きました。

景信山と言えば、大きなナメコの入った味噌汁と、ナメコうどん。












コレが食べたかった












さて…この後どうしよう。
一先ずトイレ と思ったら、大渋滞で入るまでに30分待ち

時間は14時を少し回ったところ。
高尾山まで約二時間。

脚が何ともなければ、ホントは高尾山まで行こうと思っていたんだけど、この状態じゃ2時間以上かかりそうだし、そこから下らなきゃいけないし、何より歩きたくない

って事で、小仏バス停方面へ下山して帰る事にしました。
でもこのコース、かなりの勾配
1時間程で下山し、舗装路をトボトボと歩き、ようやくバス乗り場に着きました。
中央特快で新宿まで戻り、山手線に乗り換え、その後はタクシーで帰宅

一刻も早く、この靴を脱ぎたくて

見たら、見事に炎症の3症状である発赤・熱感・腫脹
痛い訳だ











(シワシワなのは、靴下の跡でーす)
とりあえず冷やして、良くならなければ休み明けに職場で受診かな(笑)

昨日・今日、日没時にダイヤモンド富士が見れたみたいで。
見たかったなぁ

まぁイイや。

次回は履き慣れた靴で行こうっと。


12月21日 木曜日。
今度の休みはもうX'mas
街はイルミネーションやら何やらで、スッカリXmasムードです。

そして、X'masが終わるとあっと言う間にお正月。
早いなぁ…。

やらなければならない事は山のようにあるのに、なかなか出来ず

その中の一つ、年賀状作り。
やっと印刷が終わりました





















毎年、コメントと宛名は全て手書きなので、まだこれからその作業です

25日までに間に合うのかなぁ?

どこでもイイから山に行きたくて、今度の週末(23日)は、陣馬山か景信山から奥高尾を縦走しようかと思っていたんだけど…。
1月にズラすかなぁ

まさか仕事中に年賀状書きする訳にはいかないから、とりあえず明日、帰ってから気合い入れて書こう

12月17日 日曜日。
今日は朝から強風が吹いている東京

土日休みの幸せな週末
外に出ても寒いだけだし、おうちでサスケくんとマッタリゴロゴロ です。

「どうせ寒いなら、雪でも降ってくれればいいのにィ。」何て思いながら、サスケくんの写真を整理していたら、三年前の2月に雪が降った時の写真がありました。



















全身の毛を逆立て、サスケくん、雪初体験でした。
















モコモコ歩き回って、サスケ的ラッセル。

今年の冬は、黒潮大蛇行の影響で寒いとか雪が多いとか言ってたけど、どうなるのかなぁ


さて、明日からはまた仕事だぁ
明後日、看護部長と再面談。
それで退職するか、残留になるかが決まります。

退職が決まったら、もう週2しか仕事しないか、看護とは全く違う仕事をするか。

面談が終わって、結果が出たらゆっくり考えよう。

と言っても、山Pの出てるあのドラマではなくて…。

12月14日 木曜日。
今日は朝から、青信号渡っていたら、大宮ナンバーの信号無視のトラックが突っ込んで来たり、どこか不吉は一日の始まり

午前中は何事もなく、順調に業務は進んでいたのですが、昼休憩から戻った瞬間、荒れる予感が…。

前半組が休憩に行ってる間、外来の留守番をしてくれていた同僚から、一件入院を引継ぎ、その対応をしている所に、もう一件緊急入院
一人で2件の入院を抱える事に

その時点で既にバタバタしてたけど、それでも何とか一人は病棟に上げ、もう一人の対応をしていたら、どうも様子がおかしい。
反応がなく、脈も触れなければ胸郭の動きもない

CPA 心肺停止。

その時いたのは、2年目の後輩と、まだ外来に来たばかりで、技術もまだまだの、ほぼ新人に近い後輩
誰がどう見ても私以外に急変対応出来る人はおらず…
かと言って、一人では無理なので、2年目の後輩に、誰でもいいから近くにいる医師を呼ぶ事と、コードブルーをかけて人を集める様に指示。
そしてもう一人には救急外来にモニター等を取りに行き、救外の看護師を呼ぶ様に指示。
その間に患者さんをベッドへ移動させたりetc。

そうこうしているうちに、緊急招集アナウンスを聞いた医師・看護師が外来に大集合。
それこそ、外来スタッフから病棟スタッフ、看護副部長にオペ着のままの外科医等など。

挿管して心マ(胸骨圧迫)して…。

久々のフルコースでした。

心マはかなりの体力を使うので、10分〜15分くらいずつで交替しながらやりますが、それでも腕が痛い
ついでに腰も痛い

訓練ではやっても、実践ではやりたくないね
っていうか、やらなくて済むのが一番。

そしていつも最後に残るのは「もう少し早く気付けていれば…」とか「アレやってたら、コレやってたら」と言う思い。

他人でも、わずかな時間しか関わっていなくても、やっぱり辛いよね。

12月13日 水曜日。
今日はお休み

今週は今日を挟んで4勤
な〜んか長いなぁ…。

今日は夕方からセミナーでした
先週は好日山荘さんでしたが、今回は↓ココ
mont bellさんで「雪山登山の始め方」
2月に雪山に行くので、ちょうどイイかなぁと。
夏と違って雪山装備はプラスαがあるからね〜

服装は、アウターやミドルレイヤーは大丈夫そうだから、ベースレイヤーとか手袋・靴下を買い足す程度で

問題はそれ以外
靴でしょ、ストックでしょ、サングラス&ゴーグルでしょ、スパッツでしょ、場合によってはアイゼンにぃ〜

軽く10万は超えるね

グリーンシーズンだったら、2泊3日くらいのプライベートガイド依頼出来るわ〜。

でも特に雪山は装備の不備が命に関わるって言うから、それを考えれば…。

とりあえずは頑張って働こっ
週2〜3で夜勤のバイトでもしようかな

↑このページのトップヘ