3月6日 水曜日。
スッキリしないお天気の今日。

ここ何ヶ月か肝臓が悪く闘病していたサスケですが、本日AM1時59分に虹の橋を渡りました。

本来嫌いなハズのお薬を、嫌がる事なく自分から飲み、ホントに頑張ってくれました。

わが家に来たばかりの頃のサスケ。
生後2ヶ月くらい。
IMG_4212
この時はまだ胴(身体)も尻尾も短くて、コロコロでした。
IMG_4814
先住のさぎり兄ちゃんと。
最初の頃は、さぎりと皐月の事が怖くてベーベー鳴きながら逃げたり隠れたり。
IMG_4838
そのうち身体も大きくなり、体力もついて末っ子の本領を発揮する様に
IMG_4855
さぎり兄ちゃんもタジタジ。
でも、仲良しでした。
軽井沢も一緒に行ったしね
IMG_4335
さぎりと皐月が虹の橋を渡り、一人になったサスケは、一気に甘えん坊になりました。
いつも私にベッタリ

昨年の夏、私が膝の手術で入院した時は、外泊で家に戻るとひと時も離れない。
IMG_5484
そして退院後すぐに、一緒に軽井沢へ行きました。
お気に入りのトイレ型ベッドで爆睡するサスケ。
IMG_5406
わが家のコで一番軽井沢に行ってるのもサスケでした。
そういえば、戸隠で雪の中に放り出したら本気で怒って、帰ってからもご機嫌斜めで大変だったコトも
IMG_5558
今年に入ってからは重度の貧血に加え、肝機能障害で闘病。
先月はビリルビン値が上がって真っ黄色に
私の寿命を縮めてもイイから、何とか元気になって欲しい。本気でそう思いました。
一時はダメかと思ったけど、それでも皮下注射とお薬を頑張って、徐々に回復。
おかげで雪山トレーニングにも行く事が出来ました。

そして2月も一緒に軽井沢へ。
IMG_1825
日によって多少体調の変動はあるものの、肝機能も貧血も落ち着いてきて、少し安心した矢先…。
昨夜も寝るまでは大好きな麦茶を飲み、ぬいぐるみを運んで遊んでいたのに…。

私より先に寝て、私が布団に入るとサスケも入って来て、足元で寝ていました。

夜中、何か足元が冷たいなぁと思って、ついでにサスケの様子を見ると、身体が熱く呼吸もおかしい。
何もしてあげられず、サスケを抱っこして撫でて数十分。

軽く痙攣して呼吸が止まりました。

二度と目を覚ますことも、動く事もないサスケ。
サスケがいつも包まっていたタオルに包んで、一緒に朝まで過ごしました。

幸い、今日は半日勤務だったので、昼過ぎには帰宅。
でも、いつも「お帰り」と出迎えてくれたサスケの姿はもうありません。
IMG_5483
19時半に火葬をお願いしていたので、それまで一緒に過ごしました。

そして先程火葬が終わって、小さな骨壷に入ったサスケが戻って来ました。

歴代No.1と言える甘えん坊だったサスケ。
虹の橋でさぎり兄ちゃん達にと再会出来たかな?
思う存分遊んでもらって、甘えるんだよ。
IMG_5589
身体は小さいけど、ホントに大きな存在だったサスケ。
うちに来てくれて、そして今までありがとう。
IMG_5870