続きです。

受付開始は8時半。スタートは9時です。

まずは、JPTECの基本の講義が簡単にあり、その後、各グループに分かれて実技に入ります。
(参加者は全員、e learningで事前学習が済んだ状態で参加しています)
FullSizeRender
状況評価・初期評価・全身観察の順に行うのですが、実際にやってみるとアレが抜けコレが抜け…
最後のシナリオステーションでは、順番メチャクチャになり、最終的には初期評価って何見るんだっけ?とゴチャゴチャになり、わからなくなる始末

オマケに、当日になって筆記試験がある事に気付くという…

散々な状態で終了したJPTECでしたが、一応、修了書をいただく事が出来ました
FullSizeRender
このあと懇親会があったのですが、今回は参加を見送り、I先生とホテル近くのトンカツ屋さんで夕食を食べ、ホテルに戻ったのでした。

そして16日。メインの「実践山岳外傷」
こちらは午前中は座学、午後はグループ毎に分かれ、4ブースを順番に回りながらのワークショップと、最後に例題?によるグループディスカッション。

同じ事例でも、各グループ・そして人によって判断が違うので、面白いし難しいトコロだなぁと思いました。

両日ともお菓子と飲み物が用意されていて、休憩時間中は食べ放題
FullSizeRender
前日のJPTECでは、焼き芋もあり大好評でした
FullSizeRender
食べかけではなく、切ってあって最初からこの状態でした(笑)

受講後はそのまま東京に戻って来ました。
膝が何ともなければ、せっかくだからもう1泊して筑波山登っても良かったんだけどなぁ…。

とりあえず講義の受講は終わったので、後は恐怖の事後課題です。
一体どんな内容の課題になってるのか?

早く終わらせてスッキリしたいなぁ。