3月20日 水曜日。
今日は上着もいらないくらいのポカポカ陽気
明日には東京も(桜の)開花宣言されるかなぁ

先週末からの高熱も治って、何とか仕事復帰したものの、かなりダメージ受けて抵抗力が落ちているらしく、今度は単純疱疹が出現

本当なら今夜から軽井沢に行く予定だったけど、そんな調子なコトもあり、今月は白馬共々見送る事にしました
IMG_6588
IMG_2536
アイゼン歩行の練習がてら、今年もこの景色見に行きたかったのになぁ…

GWだったらまだ間に合うかなぁ?


しょうがないから、来月、遭難対策委員会のロープワーク講習で使うスリングやカラビナなど、必要な物を買い揃えてみました。
IMG_1878
こうやっていろんなお山グッズが増えていく。

多分、6月の夏山演習の時には、手袋とかもっとイロイロ買わないといけないんだよね〜。
保管場所を考えねば

そんなこんなで、来週の月曜(25日)まで5連休でーす

3月17日 日曜日。
一昨日の金曜日から、40℃超えの熱発でダウンのこの週末
FullSizeRender
これだけ熱が出ても、今回もインフル(エンザ)は陰性。
ホントは土日に山岳看護師の一般座学があったのですが、熱の原因もわからない為、今回は見送る事にして、職場へ受診に行くことに。

以前、同じ様に何の症状もないのに40℃発熱した時、菌血症だった事があったので、採血だけしてもらったら、CRPと言う体内の炎症の強さを示す値がかなり高値
FullSizeRender
まぁ、高熱出ても不思議じゃないか。

今日も早朝までは38℃超えてたんだけど、朝の解熱剤を飲んだらやっと解熱。
金曜日から全く何も食べられてなく、水分も1日で250ml程度を摂取するのがやっとだったので、かなりの脱水に…

若干フラフラするけれど、どうしても小岩に用事があり行くことに。(ホントは座学の後に行く予定だった)
何しに行ったかは、また後日

そして昨日・今日、秋葉原や松本で開催されている「全国 山の日フォーラム」にお立ち寄り。
IMG_1855
様々なブースがあり、キョロキョロしながらほぼ一周し終わった頃… 

見〜つけたぁ〜
昨年2月の北八ヶ岳以来、約一年ぶりにお会い出来ました
IMG_1871
ボカしてありますが、いつもイロイロお世話になっているガイドの律子さん
白馬村のピーアールなのかと思っていたら、イワタニ・プリムスさんのお手伝いだったそうです

お会い出来て嬉しかったです
IMG_1866
冬山座学で雪崩の講義をして下さった角谷ガイドも、シンポジウムの方でいらしてたのですが、さすがにその時間まで会場にいるのは体力的に無理で、帰宅しました。
IMG_1865
その後はお昼寝

明日から3連勤
さてどうなることやら。

3月14日 木曜日。
サスケがいなくなって一週間。
仕事から帰るとつい「サスケただいま〜」と言ってしまいます。
FullSizeRender
ドタバタだった一週間が終わり、今週は比較的穏やかな日々を過ごしてます。

そんな一週間の始まりは、毎月の遭難対策委員会定例会。
昨年11月から試用期間として参加していましたが、4月からは専任委員として委員会に加わることが正式に決まりました。

その第一弾として、4月7日に遭難対策委員会主催の「初歩のロープワーク活用法」に参加します。
基本的な結び方は何とか出来るものの、結んだはイイけど「コレ何結びだっけ」と言う事も
まだまだ⬇︎が手離せません
IMG_20190314_210923


3月6日 水曜日。
スッキリしないお天気の今日。

ここ何ヶ月か肝臓が悪く闘病していたサスケですが、本日AM1時59分に虹の橋を渡りました。

本来嫌いなハズのお薬を、嫌がる事なく自分から飲み、ホントに頑張ってくれました。

わが家に来たばかりの頃のサスケ。
生後2ヶ月くらい。
IMG_4212
この時はまだ胴(身体)も尻尾も短くて、コロコロでした。
IMG_4814
先住のさぎり兄ちゃんと。
最初の頃は、さぎりと皐月の事が怖くてベーベー鳴きながら逃げたり隠れたり。
IMG_4838
そのうち身体も大きくなり、体力もついて末っ子の本領を発揮する様に
IMG_4855
さぎり兄ちゃんもタジタジ。
でも、仲良しでした。
軽井沢も一緒に行ったしね
IMG_4335
さぎりと皐月が虹の橋を渡り、一人になったサスケは、一気に甘えん坊になりました。
いつも私にベッタリ

昨年の夏、私が膝の手術で入院した時は、外泊で家に戻るとひと時も離れない。
IMG_5484
そして退院後すぐに、一緒に軽井沢へ行きました。
お気に入りのトイレ型ベッドで爆睡するサスケ。
IMG_5406
わが家のコで一番軽井沢に行ってるのもサスケでした。
そういえば、戸隠で雪の中に放り出したら本気で怒って、帰ってからもご機嫌斜めで大変だったコトも
IMG_5558
今年に入ってからは重度の貧血に加え、肝機能障害で闘病。
先月はビリルビン値が上がって真っ黄色に
私の寿命を縮めてもイイから、何とか元気になって欲しい。本気でそう思いました。
一時はダメかと思ったけど、それでも皮下注射とお薬を頑張って、徐々に回復。
おかげで雪山トレーニングにも行く事が出来ました。

そして2月も一緒に軽井沢へ。
IMG_1825
日によって多少体調の変動はあるものの、肝機能も貧血も落ち着いてきて、少し安心した矢先…。
昨夜も寝るまでは大好きな麦茶を飲み、ぬいぐるみを運んで遊んでいたのに…。

私より先に寝て、私が布団に入るとサスケも入って来て、足元で寝ていました。

夜中、何か足元が冷たいなぁと思って、ついでにサスケの様子を見ると、身体が熱く呼吸もおかしい。
何もしてあげられず、サスケを抱っこして撫でて数十分。

軽く痙攣して呼吸が止まりました。

二度と目を覚ますことも、動く事もないサスケ。
サスケがいつも包まっていたタオルに包んで、一緒に朝まで過ごしました。

幸い、今日は半日勤務だったので、昼過ぎには帰宅。
でも、いつも「お帰り」と出迎えてくれたサスケの姿はもうありません。
IMG_5483
19時半に火葬をお願いしていたので、それまで一緒に過ごしました。

そして先程火葬が終わって、小さな骨壷に入ったサスケが戻って来ました。

歴代No.1と言える甘えん坊だったサスケ。
虹の橋でさぎり兄ちゃん達にと再会出来たかな?
思う存分遊んでもらって、甘えるんだよ。
IMG_5589
身体は小さいけど、ホントに大きな存在だったサスケ。
うちに来てくれて、そして今までありがとう。
IMG_5870

2月26日 火曜日。
昨日軽井沢から帰ってきて、今日はもう仕事
初っ端からイロイロあってウンザリな一日でした

山の上に住みたい…

昨日は午前中のうちに軽井沢を出発。
真っ直ぐ帰るか、はたまた寄り道するか悩み、寄り道することにしたはイイけど、さて、どこに行こう???

父に「遠い」とブーブー言われながら、選んだ行き先は松本城。
IMG_1812
お天気が良かったので、松本城と北アルプスのコラボが撮れるかなぁと

予想は見事に的中。
IMG_1819
雪かぶって白くなっているのは全部北アルプス。
この写真では小さくてわかりにくいですが、一番左の白い山(常念岳)の脇に、槍ヶ岳の先っぽが見えました。
IMG_1815
アップしてみた。

今回はお天気に恵まれて、迫力ある北アルプスの山々を見る事が出来ました

同じアルプスでも南と中央はほとんど興味なく、日本一と言われる富士山もどーでもいい。
だけど北アルプスだけは格別なのであります。

あまり遅くもなれないので、そこそこで切り上げ、松本ICから長野自動車道に入りました。

ミラーに映る、真っ白に連なる北アルプスの山々がドンドン遠去かるのを見て

お天気と雪のコンディション次第ですが、来月八方尾根を歩こうかと思っているので、それまでお別れです。


余韻に浸りながら都内に入り、八王子料金所でのコト。
前の車に続いてETCのブース?を通過しようとしたら、二台前にいた車が通過した時点でいきなり通行不可に

バーへの激突はしないで済んだけど、「ETCの読み取りか出来ませんでした」と、ゲートを出たすぐの所でわが家の車を含む4台が立ち往生

はたから見たら、車4台が絡む多重事故状態

係の人に処理してもらい、事なきを得たのですが、結局、二台前の車のETCエラーで後続の車まで巻き添いを受けたのでした

無事に帰り着けて良かった


明日からお一人様勤務
とりあえず頑張ろっ

2月24日 日曜日。
昨日は強風で寒かったけど、今日は朝こそ冷え込んだものの、春の様な暖かな一日でした。
IMG_1707
そんな今日は戸隠方面へお出かけです

途中、小諸の公園に寄り道。
IMG_1736
キレイに北アルプス(穂高〜大キレット〜槍ヶ岳)が見えています。

浅間サンラインから菅平高原へ抜け、須坂・小布施を抜けて行きます。
途中から正面には戸隠連山・高妻山・黒姫山、妙高山が。
IMG_1750
黒姫山と妙高山。
IMG_1752
妙高山です。

行こうと思っていた戸隠神社奥社は、駐車場が満車
サッサと諦めて、いつも行くお蕎麦屋さんに行ってお昼ごはんにしました。
IMG_1764
FullSizeRender
山笑さんです。
「天ざる 粗挽き」。
お店からは、戸隠連峰 西岳や北アルプスが見えます。

この後、少し戻って鬼無里方面へ向かい、大望峠にお立ち寄り。
ココからは目の前に西岳、そして北アルプスの山々が。
IMG_1765
IMG_1766
更に進み、鬼無里から小川村方面へ向かうとアルプス展望台があります。
IMG_1782
白馬三山
FullSizeRender
唐松岳〜不帰の嶮〜天狗の大下り〜天狗の頭
IMG_1783
鹿島槍ヶ岳〜五竜岳
IMG_1789
唐松岳〜白馬三山。

ずっと眺めていたくなる絶景
地元の方も「こんなにキレイに見えるのは年に何回かしかない。貴重だよ」と仰っていました。

放っておいたら、ずっと眺めてるだろうなぁ(笑)

で、家の近くのローソンで、買っちゃいました⬇︎コレ。
IMG_20190224_182427
北アルプス(特に白馬三山)が生活の中にあるってイイなぁ


2月22日 金曜日。
昨日は仕事終わってからサッサと帰宅して、軽井沢に来ています。

今回は久しぶりに関越道から。
FullSizeRender
途中、上里SAでチョット遅めの夕ごはん

軽井沢に着いたのは22時半頃。
年末年始ほどの寒さではなかったので、家も早く暖まりました

天気予報が二転三転するので、なんだかなぁって所はあったけど、今日は文句なしに晴れだったので、白馬へ。

いつもは長野市街からオリンピック道路で行くんだけど、今日は安曇野・大町方面から。
IMG_1655

IMG_1662
お〜 快晴

白馬岩岳まで行き、ゴンドラで上まで上がりました。
IMG_1667
白馬村を見渡せます
IMG_1672
白馬三山。右から白馬岳・杓子岳・白馬鑓ヶ岳
IMG_1673
上級者コースの不帰の嶮
IMG_1669
左手、齧られた様な山頂なのが鹿島槍ヶ岳。
右は五竜岳。
IMG_1678
戸隠・妙高方面(多分…)

しばらく絶景を眺めて、ずっと食べたかったコレ⬇︎を調達。
IMG_1688
テイクアウトして、毎度お馴染みの大出の吊橋で食べました。
IMG_1685
この後は軽井沢へ。
途中で小諸の公園に寄り道。

IMG_1691
見えました穂高から大キレット・槍ヶ岳。

反対側には…
IMG_1692
浅間山。
ぜんぜん雪がない〜💦

明日の雪予報もなくなったから、これ以上は増えないだろうなぁ…。

2月15日 金曜日。
今日は半日勤務
雲行きが怪しいなぁと思っていたけど、お昼前、外は予報にはなかった雪がワサワサと降ってました

昨日・今日は仕事しながら「あ〜 先週の今頃は雪洞掘ってたなぁ」とか、一週間前の余韻に浸りながら、日の経つ早さを感じたのでした。

一週間前と言えば、今月の初めに引いた風邪
だいぶ良くはなったものの、咳だけが止まらず、胸は痛いし、手帳と充電器・財布くらいしか入ってないリュックを背負っただけで息苦しくなるという…

山行の時は市販の咳止めを内服していたんだけど、全く効いてる形跡がなく、一昨日、お世話になっている仲のイイ内科の先生に頼んで、最強の咳止めを処方してもらいました。
IMG_1627
リン酸コデイン ほぼ麻薬です
そしてかなり苦い

だけど飲み始めた翌日には、ほぼほぼ咳は止まりました

当然、受診しないと処方してもらえないので受診して、経過を話したんだけど、その先生も「それインフルだったんじゃない?!症状からしたら、可能性大だよ」と
他の先生数人にも「インフルじゃない?それ」と言われ、インフルエンザ疑惑が高まったのでした

今となっては…ですけどね〜。

完全ではないけど、回復してきて良かった

2月11日 月曜日。
連休最終日の今日は、再び雪
とは言っても、わが家周辺では若干白いモノがある程度。
FullSizeRender
もはや雪と言うより、濡れてた屋根が寒さで凍っただけじゃない?的な

さて、トレーニング山行最終日は、妙高から戸隠に場所を移して行いました。
登ったのは一昨年の秋にも一度行った「飯縄山(1917m)」
北信五岳(飯縄山・高妻山・妙高山・黒姫山・斑尾山)の一山です。

今回も一ノ鳥居から南登山口を上がるルート
(↑印)
トレースがしっかりあるので、迷子にはなりません。(…多分)
IMG_1613
アイゼンワークの練習の為、登山道入口の鳥居からアイゼンを装着しました。
IMG_1588
フカフカな新雪ではなく、少し締まった感じの雪だったのでアイゼンの刃が効きやすく、歩きやすかった。

歩き始めはなだらかな登りなのですが、気付くと傾斜がキツくなっています。

歩き方の基本はフラットフッティング(両足を平行に足裏全体に体重をかけて歩く→要はベタ足)だけど、傾斜のある所では逆ハの字や、横向きで足を交差する様に歩く方法を教えていただき、試しながら更に登ります。

いつまで続く?この登り

そんな事を思いながら、やっと「駒つなぎの場」に到着。(地図の◯辺り)
IMG_3065
写真撮り忘れたので、秋に撮った写真を

ココでこの日のメニューである「ツェルト設営」を実施。

まずはツェルトが張れるよう、斜面を整地。
今回は持っている装備で設営するため、カラビナ・スリング・ロープ・ストックを使いました。
IMG_1590
IMG_1589
IMG_1591
出来上がり

片付けして、さぁどうしよ…。
山頂まで行くか、下山するか。

ちなみに、駒つなぎの場から先は夏道と冬道があるらしく、夏道は急登をジグザグに登るのに対し、冬道はその斜面をほぼ直登になるのだとか

う〜ん。。。残り1 / 3チョット
ここまで来て山頂に行かないで戻るのも…

でもかなり疲労していたので、登りは牛歩並に登れば 行けるかもしれないけど、下りが…。

って訳で、下山を選択しました。

あの場にザックを投げ捨てて行けば登れたかな?とかイロイロ思ったりもするけど、今回は登頂が目標だった訳じゃないし、少し傾斜が緩くなった辺りでは、一歩を踏み出すのもキツかったので、結果的には下山して良かったかなぁ。
行ってたら多分、安全に下りて来られなかった気がする…。

あ〜でもやっぱり何か悔しい (笑)

でも、昨年は雪山がどんな感じかを体験して、今年は雪洞を作ったり、積雪断面の観察や弱層テストなど、より実践的な経験が出来たので、次は雪洞に泊まって総合的にやりたいなぁ。

下山後は上越妙高駅まで送っていただき、東京に帰って来ました。

次回の宿泊でのトレーニング山行は、6月の唐松・五竜予定。
それまで長いなあ


6月に続き、今回もお世話になりましたガイドの菅野さん、ありがとうございましたm(_ _)m
そして、またよろしくお願いします

2月10日 日曜日。

山行2日目は、6月に登った袴岳でのトレーニング。
前回は赤池からのスタートでしたが、冬季は雪で入れないという事で、少し手前から入山です。

今回もスノーシューで歩いたのですが、どうしても右足だけが右側に滑って流れ埋まってしまう
その状態から抜け出すのにかなりの体力を消耗してしまい、早い段階でヘトヘトに

積雪断面観察やピットチェックに適した場所を菅野さんが探して下さって、横1.5m、奥行き1m、高さ1.2mの大きさにこれまた雪掘りから開始。
前日の雪洞掘りで、腕と腰が

断面の凸凹をキレイに整えると、雪質の違いが一目でわかります。
硬度を確認したり、結晶を見たりetc…。
IMG_1605
ホントは写真撮りたかったのですが、結構な風と寒さに余裕がなく撮ってないので、とりあえずイメージ写真を…
IMG_1606
FullSizeRender
更に、30cm四方の雪柱を切り出し、ペチペチパシパシバシバシ叩いて、崩れたり亀裂が入ったりしないかをチェック。

今回は意外としっかりした雪層でした。

そして掘った場所を埋めて元通りにして下山開始。

袴岳で唯一、自分で撮った一枚⬇︎
IMG_1586
立派なエビの尻尾。

寒かったけど、実際に雪の層を見たり触ったり、歩いている途中で雪崩地形を教えていただいたり、机上だけではわからない事を学べた一日でした

下山後は温泉で温まり、ゴハン食べにGO
これまでにも温泉には行っているけど、この日ほど温泉のありがたみ?良さ?を感じたコトはなかった(笑)
FullSizeRender
そして、2年前に放送された菅野さん出演の「にっぽん百名山〜妙高山〜」の再放送を見ながら、当時の裏話が聞けると言う、ラッキーもあったのでした

最終日へ続く



↑このページのトップヘ