2月22日 金曜日。
昨日は仕事終わってからサッサと帰宅して、軽井沢に来ています。

今回は久しぶりに関越道から。
FullSizeRender
途中、上里SAでチョット遅めの夕ごはん

軽井沢に着いたのは22時半頃。
年末年始ほどの寒さではなかったので、家も早く暖まりました

天気予報が二転三転するので、なんだかなぁって所はあったけど、今日は文句なしに晴れだったので、白馬へ。

いつもは長野市街からオリンピック道路で行くんだけど、今日は安曇野・大町方面から。
IMG_1655

IMG_1662
お〜 快晴

白馬岩岳まで行き、ゴンドラで上まで上がりました。
IMG_1667
白馬村を見渡せます
IMG_1672
白馬三山。右から白馬岳・杓子岳・白馬鑓ヶ岳
IMG_1673
上級者コースの不帰の嶮

左手、齧られた様な山頂なのが鹿島槍ヶ岳。
右は五竜岳。
IMG_1678
戸隠・妙高方面(多分…)

しばらく絶景を眺めて、ずっと食べたかったコレ⬇︎を調達。
IMG_1688
テイクアウトして、毎度お馴染みの大出の吊橋で食べました。
IMG_1685
この後は軽井沢へ。
途中で小諸の公園に寄り道。

IMG_1691
見えました穂高から大キレット・槍ヶ岳。

反対側には…
IMG_1692
浅間山。
ぜんぜん雪がない〜💦

明日の雪予報もなくなったから、これ以上は増えないだろうなぁ…。

2月15日 金曜日。
今日は半日勤務
雲行きが怪しいなぁと思っていたけど、お昼前、外は予報にはなかった雪がワサワサと降ってました

昨日・今日は仕事しながら「あ〜 先週の今頃は雪洞掘ってたなぁ」とか、一週間前の余韻に浸りながら、日の経つ早さを感じたのでした。

一週間前と言えば、今月の初めに引いた風邪
だいぶ良くはなったものの、咳だけが止まらず、胸は痛いし、手帳と充電器・財布くらいしか入ってないリュックを背負っただけで息苦しくなるという…

山行の時は市販の咳止めを内服していたんだけど、全く効いてる形跡がなく、一昨日、お世話になっている仲のイイ内科の先生に頼んで、最強の咳止めを処方してもらいました。
IMG_1627
リン酸コデイン ほぼ麻薬です
そしてかなり苦い

だけど飲み始めた翌日には、ほぼほぼ咳は止まりました

当然、受診しないと処方してもらえないので受診して、経過を話したんだけど、その先生も「それインフルだったんじゃない?!症状からしたら、可能性大だよ」と
他の先生数人にも「インフルじゃない?それ」と言われ、インフルエンザ疑惑が高まったのでした

今となっては…ですけどね〜。

完全ではないけど、回復してきて良かった

2月11日 月曜日。
連休最終日の今日は、再び雪
とは言っても、わが家周辺では若干白いモノがある程度。
FullSizeRender
もはや雪と言うより、濡れてた屋根が寒さで凍っただけじゃない?的な

さて、トレーニング山行最終日は、妙高から戸隠に場所を移して行いました。
登ったのは一昨年の秋にも一度行った「飯縄山(1917m)」
北信五岳(飯縄山・高妻山・妙高山・黒姫山・斑尾山)の一山です。

今回も一ノ鳥居から南登山口を上がるルート
(↑印)
トレースがしっかりあるので、迷子にはなりません。(…多分)
IMG_1613
アイゼンワークの練習の為、登山道入口の鳥居からアイゼンを装着しました。
IMG_1588
フカフカな新雪ではなく、少し締まった感じの雪だったのでアイゼンの刃が効きやすく、歩きやすかった。

歩き始めはなだらかな登りなのですが、気付くと傾斜がキツくなっています。

歩き方の基本はフラットフッティング(両足を平行に足裏全体に体重をかけて歩く→要はベタ足)だけど、傾斜のある所では逆ハの字や、横向きで足を交差する様に歩く方法を教えていただき、試しながら更に登ります。

いつまで続く?この登り

そんな事を思いながら、やっと「駒つなぎの場」に到着。(地図の◯辺り)
IMG_3065
写真撮り忘れたので、秋に撮った写真を

ココでこの日のメニューである「ツェルト設営」を実施。

まずはツェルトが張れるよう、斜面を整地。
今回は持っている装備で設営するため、カラビナ・スリング・ロープ・ストックを使いました。
IMG_1590
IMG_1589
IMG_1591
出来上がり

片付けして、さぁどうしよ…。
山頂まで行くか、下山するか。

ちなみに、駒つなぎの場から先は夏道と冬道があるらしく、夏道は急登をジグザグに登るのに対し、冬道はその斜面をほぼ直登になるのだとか

う〜ん。。。残り1 / 3チョット
ここまで来て山頂に行かないで戻るのも…

でもかなり疲労していたので、登りは牛歩並に登れば 行けるかもしれないけど、下りが…。

って訳で、下山を選択しました。

あの場にザックを投げ捨てて行けば登れたかな?とかイロイロ思ったりもするけど、今回は登頂が目標だった訳じゃないし、少し傾斜が緩くなった辺りでは、一歩を踏み出すのもキツかったので、結果的には下山して良かったかなぁ。
行ってたら多分、安全に下りて来られなかった気がする…。

あ〜でもやっぱり何か悔しい (笑)

でも、昨年は雪山がどんな感じかを体験して、今年は雪洞を作ったり、積雪断面の観察や弱層テストなど、より実践的な経験が出来たので、次は雪洞に泊まって総合的にやりたいなぁ。

下山後は上越妙高駅まで送っていただき、東京に帰って来ました。

次回の宿泊でのトレーニング山行は、6月の唐松・五竜予定。
それまで長いなあ


6月に続き、今回もお世話になりましたガイドの菅野さん、ありがとうございましたm(_ _)m
そして、またよろしくお願いします

2月10日 日曜日。

山行2日目は、6月に登った袴岳でのトレーニング。
前回は赤池からのスタートでしたが、冬季は雪で入れないという事で、少し手前から入山です。

今回もスノーシューで歩いたのですが、どうしても右足だけが右側に滑って流れ埋まってしまう
その状態から抜け出すのにかなりの体力を消耗してしまい、早い段階でヘトヘトに

積雪断面観察やピットチェックに適した場所を菅野さんが探して下さって、横1.5m、奥行き1m、高さ1.2mの大きさにこれまた雪掘りから開始。
前日の雪洞掘りで、腕と腰が

断面の凸凹をキレイに整えると、雪質の違いが一目でわかります。
硬度を確認したり、結晶を見たりetc…。
IMG_1605
ホントは写真撮りたかったのですが、結構な風と寒さに余裕がなく撮ってないので、とりあえずイメージ写真を…
IMG_1606
FullSizeRender
更に、30cm四方の雪柱を切り出し、ペチペチパシパシバシバシ叩いて、崩れたり亀裂が入ったりしないかをチェック。

今回は意外としっかりした雪層でした。

そして掘った場所を埋めて元通りにして下山開始。

袴岳で唯一、自分で撮った一枚⬇︎
IMG_1586
立派なエビの尻尾。

寒かったけど、実際に雪の層を見たり触ったり、歩いている途中で雪崩地形を教えていただいたり、机上だけではわからない事を学べた一日でした

下山後は温泉で温まり、ゴハン食べにGO
これまでにも温泉には行っているけど、この日ほど温泉のありがたみ?良さ?を感じたコトはなかった(笑)
FullSizeRender
そして、2年前に放送された菅野さん出演の「にっぽん百名山〜妙高山〜」の再放送を見ながら、当時の裏話が聞けると言う、ラッキーもあったのでした

最終日へ続く



2月9日 土曜日。
大雪大雪と騒ぐだけ騒いで、結局また降る降る詐欺になった東京

世間は今日から3連休。
一足先に連休を取って、雪山トレーニング山行に行って来ました。
IMG_1593
6月に続き今回もお世話になる事になった登山ガイドの菅野さんと8:30 、上越妙高駅で待合わせ

そのまま初日のトレーニング地である、坪岳に向かいました。
目的地である坪岳までは、雪が深いのでスノーシューで行きます。
スノーシューは初めてなので、履き方からレクチャーしていただき、スタート。

今回も地図を見ながらです。

険しい道のりではなかったので、バテる前に何とか到着。
IMG_1594

IMG_1576
この日はお天気も良く、周りの山もバッチリ

初日は雪洞作りだったので、菅野さんが場所を選定している間、私は景色を堪能 (笑)

場所が決まったら、作り方の説明を聞いて穴堀開始です。
IMG_1577
まずは入口を掘ってから奥へ。
IMG_1585
交代で掘ります。
(Photo by:菅野さん)

IMG_1578
チョット木が出てますが、一人は寝られる広さの雪洞が完成です。
IMG_1595
今回は作っただけだけど、次回は泊まりたいなぁ…。

この後雪洞は埋めて、帰りはコンパスで進行方向を割り出しながら、私が先頭で駐車場へ。

ホントに合ってるのかなぁ…ドキドキ。。。

徐々にスキー場の音楽が聞こえてきて、ホッと一安心
無事にゴール出来ました

帰って温泉入ってゴハン食べに行って…。
そして⬇︎
IMG_1596
誕生日を祝って下さいました
まさかのケーキ登場に、泣きそうに。

スノーシューと穴堀で疲れたけど、楽しい一日でした


2日目に続く。。。

2月3日 日曜日。
今日は節分。豆撒きしたり、恵方巻食べたりしてますか

数日前には降る降る詐欺だったけど、雪が降るくらい寒かったですが、昨日・今日は比較的暖かです。
明日は20℃近くまで気温が上がって、春一番が吹くかも…らしい😓
極端過ぎます

さて、わが家の体調不良コンビ。
サスケはお利口に薬飲んでいるものの、固形物がで、大好きなジャーキーもパパイヤもダメ
ふやかしフード用のゴハンは、どうもお気に召さない様で、両手でブロックして拒否
IMG_1547
私も固形物で、ヨーグルトとかプリン生活なのですが、そのヨーグルトなら食べるサスケ。
だったらサスケにも流動食を作ってあげようと思ったら、材料がありませんでした

通販だと届くまで待ってられないし、以前お世話になった獣医さんは在庫切れ
いつもゴハンを頼んでいるお店に確認したら在庫があるというので、取り置きしといてもらい、買いに行く事にしました。

片道約1時間 往復で2時間
行ったのは「小岩ペット」さん。
IMG_1550
実店舗に行ったのは初めてですが、こじんまりしているけど、品揃えバツグン
IMG_1548
IMG_1549
(写真お借りしましたm(_ _)m)

めでたく入手できたアイソカル⬇︎
IMG_1545
滞在時間数分で大急ぎで帰宅。

とりあえずそのままサスケに飲ませてみる。

最初は警戒した感じだったけど、チョット舐めてみたらな味だったようです

早速フェレットの定番流動食「ダックスープ」作り。
出来たスープは製氷皿に入れて、冷凍保存しました。


〜ダックスープの作り方〜
材料
・アイソカル 1本  200ml
・フェレットフード100g
・水 200ml

フェレットフードはあらかじめふやかしておきます。

ふやかしたフェレットフードと水・アイソカルをフードプロセッサーやミキサー等でよく混ぜれば出来上がり

アイソカルは開封すると24時間しか持たないので、冷凍保存して必要な分だけ解凍してあげます。

高栄養なので、少しずつでも食べてくれればね。

以上、サスケくんの流動食が出来るまで…でした

ちなみに、私のゴハン
FullSizeRender


2月1日 金曜日。
雪だ雪だと大騒ぎした天気予報。
結果、いつもの降る降る詐欺に終わった23区でした

何となく喉が痛くて、微熱があった一昨日。

職場から「熱があったり、体調悪い場合は早期受診を」との通達が出ていて、昨日インフルチェックしたんだけど、結果は陰性。

あまりに体調悪いから、午前中で帰ったんだけど、それからと言うもの、寒気と頭痛で、処方してもらったカロナール(解熱鎮痛剤)飲んだんだけど全く効かず、38.9℃まで上昇

飲んで⬇︎こんな感じ
IMG_1536
一回で出ないコトもあるので、今日再検査したんだけど、やっぱり流行には乗ってなかったみたいで陰性でした

オマケに全く声が出なくなって、上司への連絡も、先輩にLINEで連絡して事情伝えて…と面倒な事に

念のため、ゾフルーザを処方してもらって飲んだけど、ここまで症状が酷くなるならインフルの方が良かった?と思ってしまうのでした。
IMG_1537
明日、来週末の山行の為に足りない山グッズ買いに行こうと思ってたのにぃ〜

1月28日 月曜日。
気付けば1月も最終週。

年末から増え始めたインフルエンザですが、爆発的大流行状態になっています。

東京都の定点医療機関からの報告では、定点当りの報告数が50人超え
ということで、流行警報発令中です

(定点当りの報告数:全国にはインフルエンザ患者数を報告する、指定された医療機関が あって、このうち1つの医療機関が 1 週 間 で 何 名 の イ ン フ ル エ ン ザ 患 者 を 診 療 し た か を 表 す 数 字です )
FullSizeRender

東京(関東)周辺は全く雨が降ってないのも大きな原因。
湿度が20%って…
洗濯物は良く乾くんだけどね〜

うちの外来も、発熱などの症状で来院した9割以上がインフルエンザ陽性
今日も内科外来はてんてこ舞いで、外来終了時間になっても、待合室には多くの患者さんが診察を待っていました。

今年のインフルエンザの厄介なところは、症状が乏しいのに、検査すると陽性だったりする事。
37℃前後や、36℃台で発熱がなくてもインフルエンザだったというケースがかなり多いです
だからインフルエンザだって気付かないで出歩いたり、仕事に行って、他の人に移しちゃう。

そして、新薬「ゾフルーザ」に対する耐性を持ったウィルスも出ているとか。
IMG_1533
まぁ何て対応能力のあるウィルスなんでしょって感心してる場合ではなくて

まだまだ流行は続きそうなので、お気を付け下さいませ。

1月19日 土曜日。
空気はカラカラだけど、澄んだ青空の今日は、朝4時起き

まぁ起きたその頃は青空どころか、まだ空も辺りも真っ黒…いや真っ暗
そんな時間に起きるのは、ハイ山行く時です

長距離歩くか?標高差を取るか?で悩み、比較的距離もあって高さもある大山に行きました。
ただし、今回は阿夫利神社からではなく、蓑毛から歩く、裏参道ルート。
FullSizeRender
大山フリーパスを買って秦野駅へ。
そこからバスで蓑毛まで。
(このフリーパスAは、バスとケーブルカーも乗車可能です。)

終点でバスを降りると、目の前が登山道入口。
IMG_1452
横断歩道を渡って、目の前の道を入って行きます。(この辺で標高300mくらい)
しばらくすると、ヤビツ峠方面と蓑毛越方面との分岐が。
IMG_1454
IMG_1455
この先から登山道になっています。
初っ端から結構な傾斜

登り始めて1時間くらいで、大山山頂方面と蓑毛越方面の分岐があります。
当初の予定では、蓑毛越経由で登ろうと思っていたのですが、予定変更
大山山頂方面への直登ルートへ

倒木が道を塞いでいたり荒れていて、ホントにイイのか?って感じの急登
えっちらおっちら登り、やっと平坦な場所(蓑毛山山頂)に出たと思ったのも束の間
本日最大と言える傾斜が目の前に立ちはだかります

この急登を登り切った先が、阿夫利神社から上がってくる表参道との合流地点(16丁目)
IMG_1463
数分の休憩を挟んで山頂へ向かいます。

今日は快晴だったので、かなり期待していたのですが、途中の富士見台からはキレイな富士山を見るコトが出来ました。
IMG_1466
絶景に励まされ再び登り始め、27丁目を過ぎると、網網階段が出現。
コレを上がれば山頂です。

休憩しながら、3時間48分で大山山頂到着
IMG_1471
6月の時はガスで真っ白だった山頂も、今日は清々しい青空。
IMG_1470
相模湾まで一望。

IMG_1477
山頂からもしっかり富士山が見えてます。
その隣(右手)には、雪を被った南アルプスも。
IMG_1478
アップにしてみました。

ホントは山頂でカレー食べようと思ったのですが、コマ参道のお店でお蕎麦と味噌とうふを食べたかったので我慢して下山開始。

ルートは、6月に熊さんが登山していた見晴台ルート。
段差の大きな階段や岩ばかり
このルートで、見晴台までCT30分ってウソでしょ
IMG_1482
一応、鎖場があります(笑)
IMG_1484
前回は遭難事故の救助活動で封鎖されてた見晴台。
チョット休んで、先を急ぎます。

IMG_1485
木々の隙間から陽が差し込んでキレイなんですけど、谷側は落ちたらこの世の人ではなくなるであろう斜面。
IMG_1487
写真ではわからないですが、ゾッとするくらいの谷です。

二重滝を通過し、ケーブルカーの阿夫利神社駅に到着。
元気だったら女坂を歩いて降りようと思っていたけれど、力尽きてケーブルカーで下山しました

そして念願の⬇︎味噌とうふと、お店の方オススメの、期間限定しめじそば。
FullSizeRender
IMG_1492
身体が冷え始めていたので、温まりました。

食べた後はバス停に向かってラストスパート。
足がジンジンする

何とかわが家にたどり着いたものの、あっちこっち痛い(笑)

今回は、2月に雪山トレーニング山行を控えているんだけど、今の体力・筋力を知るための山行でした。

術後半年。
まともに登っていなかったのに、よく歩いたもんだ
登山始めて初の累積標高差1000m超え
IMG_1493
今回の登山計画。


今夜はメンテナンスして(既に動く気力がない…)明日はゆっくりします。

1月7日 月曜日。
夢のような連休も終わり、今日から仕事です

とりあえず、5日土曜日に軽井沢から帰京しました。
「ずっとコッチ(軽井沢)でイイんだけどなぁ…」と思いながら片付けをして、お昼頃に出発。
IMG_1366
この日は、気温は低いけど、それでも年末年始の寒さに比べれば暖かく、スッキリ青空。

粉砂糖がまだらにかかっちゃった様な浅間山が見送ってくれました。
IMG_5752
IMG_5753
いつもと同じ、佐久穂から清里を抜けて、中央道へ。

その前に平沢峠から八ヶ岳を眺めてみました。
IMG_5748
八ヶ岳の主峰:赤岳山頂は、やっぱり雲が
何でいつも赤岳だけ…
IMG_5746
IMG_5749
南アルプスの甲斐駒ケ岳方面も雲が多くて、その上逆光になっちゃった

かなり風が強かったから、八ヶ岳の山頂はきっと爆風だろうなぁ…
そんなコトを思いつつ、須玉から中央道に入り、帰宅しました。


次回、軽井沢に行く予定は2月下旬。
また寒いだろうな〜


↑このページのトップヘ